09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

他力には義なきを義とす 



一応、毎月お参りがありますので・・・・『御書』も毎月いろいろと変更しながら拝読しております。

今月は【堯真上人御書(ぎょうしんしょうにんのごしょ)】
御書の二巻目・第十一通の部分です。


おおよそ専修門流にいりて安心決定する人は、如来とひとしと申すなり。

これすなわち真実信心を得るゆえなり。

真実信心を得るものは、十方恒沙の諸仏もともに護念したもうなり。

されば悪鬼悪神をして、そのたよりを得せしめず、といえり。

他力信心を得たる人は、わが身は罪悪生死の凡夫なれども、こころはすでに往生成就のひとなり。

さて聖人の御文に「他力には義なきを義とす」とのたまえり。

義と申すことは、行者のおのおのはからわせたもうを義と申すなり。

如来の誓願は不可思議にましますがゆえに、佛と佛との御はからいなり。

凡夫のはからいにはあらずといえり。

いよいよ佛恩師恩をおもい、称名すべきものなり。

あなかしこ、あなかしこ。




どの部分も大切なのでしょうが、僕自身が抜粋でしてしまうとこんな感じ。

①高田派の御教えで安心決定する人は、如来様と同じ。
②他力信心を得れば、体は罪悪生死の凡夫であるが、こころはすでに往生成就の人=諸仏のお一人だ。
③他力は仏様のはからいであり、凡夫のはからいではない。
④以上を踏まえて、有難くただただお念仏しなさい

以上、4つ上げてみました。

意味なども大切ですが、まずは拝読していただくのが一番かと。

僕自身、読まれているのを聞くだけだと間違えて聞いてしまったり、違う漢字をはめてしまったり、聞き逃してしまったり、、、、、ちゃんと拝聴できれば何も問題はないんですけどね(-_-;)

目で見て読むことがいいのかどうかわかりませんが、、、、、、一度おあじわいください^m^



南無阿弥陀仏

Category: 御書

tb 0 : cm 0   

お勤めの最後に読むアレ 

『御書』って以前ご紹介したことがあるかと思います。
お勤めの最後に読むアレです(笑)



笑ったら怒られてしまいますが、この『御書』は尊ぶべき方々が書かれたお便り=書なので、「御」がついて『御書』なんですね。あと東西本願寺さんは蓮如上人一人が書かれた「御文」「御文章」ですかね。


僕はよくお通夜のお勤めが終わり最後に『御書』を拝読する時に、弔問の方々にこうお伝えします。

『これより浄土真宗を開かれた親鸞聖人、また高田派の歴代ご門主さまからのお手紙=『御書』を拝読させていただきます。お手持ちのお経様の本を閉じて、静かにお聞きください」と。

『御書』が拝読される際、頭を垂れるしぐさがあります。
作法として決まっていることなのかは知りませんが、有難いお言葉を頂戴する際に自然に「頭が垂れた」のでしょう。

ですから結果として頭を下げて、拝読させていただくのがいいかもしれません。



あと『御書』の数。

全部で七巻。+報恩講御書。+繙御書。・・・・・・・あってますかね?ちょっと自信なさげ(-_-;)
毎回、その場にあう『御書』を選んで拝読するそうです。

自分でいいながら、ハードルを上げた感がありますが、しょうがないですね(笑)


今後は、『御書』の内容にも少しずつ触れていきたいと思います。


南無阿弥陀仏

Category: 御書

tb 0 : cm 0