07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

tb -- : cm --   

教えのいただき方 

ある本に面白い表現で、真宗の教えのいただき方が書いてありました。

4本の徳利があります。
1本目は空っぽ。
2本目は少しだけ入っている。
3本目は目一杯。
4本目は底に穴が空いている。

どの徳利が浄土真宗の教えをいただいている姿なのでしょうか?(笑)

皆様、どれだと思いますか。
ちなみにいろいろなお答えがあるやもしれませんが、なるほどそういういただき方かと「ふむふむ」と聞いてくだされば幸いです(笑)

1本目は、空っぽ。
教えを聞いていない証拠です、だから空っぽ。

2本目は、少し入っている。
教えを聞いて、なるほどそうか、と。嬉しくて他のひとに教えたくなります。

3本目は、なんでもかんでもわかっています。けれども徳利の中、つまり自分流です。自分流で満足し、自分流で教えようとするいただき方です。

聴聞自体は自分のはからいではなく、仰せのままにいただくことが大切。
では4本目は?

その度ごとに初事として聞くことができます。初事として喜び、仰せのままにいただく事ができる。
これが大事であると。
空っぽの聞き方。空っぽだけどいただいた痕跡は残っている。
これがおかげさま。
おかげさまに気づきそのまま感謝できるお味わいこそ、真宗の教えのいただき方である、とありました。


面白いなぁ、と読ませてもらい
確かにご聴聞いただく際に、いやそれは違う、というお顔をされご聴聞される方もおみえになれば
楽しそうに目がらんらんとする方も見える。
また優しい笑顔でうんうん、あなたはそういういただき方をしているのね、とご聴聞される方も。

私なんかはいつか法話のネタにしてやろう、とのご聴聞。空っぽではないですね・・・・

人の振り見て我が振りに気づけ、ですね(笑)



私を見つめる、大切な気づきを今日もいただきました。


南無阿弥陀佛
スポンサーサイト

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

積読のご縁 

ここ数日は割にのんびりできたので、積読中の本がいくつか読破できています。
これが快感(笑)

そんなのんびりした日々でもこころはいろいろな波風で煽られしぼんだり膨らんだりします。
今日もそんな衝撃があり、今後を真剣に考えざるを得ないことを耳にし、さてどうしたものかと頭を抱えそうです。

IMG_5906.jpg

ただの偶然か読み終えた日野原重明さんの本「今日すべきことを精一杯!」の終わりも同じことを伝えてくれました。

「死はいつも誰の目の前にもある」
ということ。頭でわかっていても、どうしても忘れがちになり、仕事が忙しくなり、子育てに追われ、向き合い、自分自身を見つめる、特に「生きる」ということは当たり前すぎて考える暇・時間が惜しいと思っているうちに時間は飛ぶように過ぎていきます。

ただそのことが気づかされる時。
それは第三者の死ではなく、身近な、自分と近しくなったものの「死」が突然現れた時。

そう日野原さんは教えてくれています。
続けて、

死は必ず私の前方にあるということに気づき、私たちが生きるというのは、刻々と死に近づいているのだという現実をリアルに感じることができれば、人間は残された日をどう生きるべきかの「生き方」の選択に迫られる、ということ。

宗教者として、「死」を捉えていても当の本人が実感なくしていることに気づかされた瞬間でした。



私自身のことの内実はお教えできませんが、その中での「気づき」を本で知らされ、、、、
こういうことを知らされるのも「縁」だな、と。「縁」が知らせてくれる。そう感じることも多くなってきました。

「縁」に従い、今どうするべきか、判断の連続の中、今こうしておれるのはおかげさまのおかげ、そのおかげが私の中に灯してくれた判断に身を委ねていきたいと思います。



南無阿弥陀佛

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

さかさま 

IMG_2067.jpg

子どもと一緒に読んでいる本を、イベント際に法話として紹介しました。

内容は→
「赤い星」と「青い星」の人々は、それぞれ幸せに暮らしていました。
しかし、しだいに隣の星からくる匂いや煙が気になってきました。
幸せな生活を取り戻すために、どうすればいいのーー?
親子で向かい合ってそれぞれの物語を読み、
そのあとひっくり返してもう1つのストーリーを読むという体験を通じて、
お互いの立場や主張について思いやり、考えることができる本です。

本書の紹介動画はこちら → https://www.youtube.com/watch?v=zHEAhloj2tM#t=45
(Amazonより)

自分は幸せになりたいのに、あっちの人はその邪魔をしてくる。
自分は悪くないのに、、、、
自分は正しいのに、、、

その思いが強く募り、相手への要求となる・・・


執着、我、倒懸(とうけん)、、、そして正見。
そこに気づいた時初めて、見えていなかった本当のことに気づく。

「自分ばかりじゃなく、周りをちゃんと見てごらん。」

子供だけじゃなく、大人にこそ伝えたいこと。

年度が変わるこの時期は出会いと別れが多く続きます。
そして知らない間に自分の真ん前しか見れていない私。
だからこそ、周りをちゃんと見ていくことこそ大切、という具合でお話しました。


が、今回は絵本を題材にしたので「読ませて、読ませて」と本に集まってくる。
そして大人たちが4〜5人で絵本を読み始める。
妙に納得、いろいろな感想がでる。
「本当にこの通り、私たちこそ周りを見なきゃね」
「子どもわかるかなぁ、でも大切なことだよね」

一冊の本のご縁から仏教への入口が広がり、伝わっていく仏教の心。
うれしい限りです(-人-)


このスタイルもなかなかいいかも?



南無阿弥陀佛

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

通読解消 



年末なのに意外に時間があり?みてみないふりなのか・・・・・積読解消に乗り出していますw

気分転換に本を変えていく手法、いつもそんな読み方ですがいいのか悪いのか・・・。

今日はもう少し読めそうです。

久々に永六輔さんの「大往生」も再読。
忘れている気づきの言葉に頭が下がります(-人-)

もっと聖典読まなきゃ、と自戒を込めて・・・



南無阿弥陀佛

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

古本勧進 

〈http://www.higan.net/kanjin.htmlより転載〉


第5弾_古本勧進ロゴ


前回の第4弾から一年、古本勧進が新しくなって帰ってきました!

これまでは古本の買取金額を東北被災地の子どもたちを支援する事業に寄付していましたが、今回からひとり親家庭を支援する「おてらおやつクラブ」へと変更させていただくこととなりました。東北被災地の子どもたちへの支援は、引き続き「おてらおやつクラブ」を通じて行ってまいります。どうぞ変わらぬご賛同・ご支援のほどお願い申し上げます。

<新しい寄付先>
【おてらおやつクラブ】http://otera-oyatsu.club
おてらおやつクラブは、お寺にお供えされるさまざまな「おそなえもの」を、仏さまからの「おさがり」として頂戴し、全国のひとり親家庭を支援する団体との協力の下、経済的に困難な状況にあるご家庭へ「おすそわけ」する活動です。(運営母体:一般社団法人お寺の未来)



新しくなった古本勧進の第5弾は、昨年に引き続き「歳末たすけあい古本勧進」と題して特別キャンペーンを行います。

● 古本の買取価格 20%アップ
● 書き損じハガキ 50円/枚で換金

さあ、年末の大掃除に合わせて本棚の整理をしませんか? そして年賀状の書き損じと共に古本勧進へ!

皆さんのお気持ちが、経済的に困難な状況にあるひとり親家庭の力となります。そのようなご家庭では年末年始に貧困状態がさらに悪化する傾向にあり、周りの方々からのサポートが欠かせません。すべて子どもたちが笑ってお正月を迎えられる未来にするため、皆さんのお力をお貸しください。

ご賛同・ご協力いただけるお寺さま・個人さまのご参加をお待ちしております。


◆ 歳末たすけあい古本勧進 〜古本が貧困問題解決の一助に〜

開催期間:2015年12月1日〜2016年1月31日
(古本募集は今すぐ始めてOK、バリューブックスの回収は12月から)

参加資格:すべてのお寺さま・個人さまが参加可能

買取対象:書籍・CD・DVD・ゲーム・ハガキ
 ・買取価格20%アップ(書籍・CD・DVD・ゲームの買取価格に20%を乗じた金額を寄付)
 ・書き損じ年賀状・ハガキも1枚50円で買取ります(50円ハガキも52円ハガキも1枚50円)
 ・書籍なしでハガキのみの方は事務局で預かりますので、お問い合わせください

寄付先:おてらおやつクラブ(運営母体:一般社団法人お寺の未来)
 ・買取金額を全額寄付します
 ・貧困問題解決のため、おてらおやつクラブの活動推進に活用します

発送手順などはこちら:http://www.higan.net/kanjin.html

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

愛する土地を離れて 



昨日の御坊夏祭りで購入してきました。

前から気になっている団体さんで、この本が出版された時は、知り合いを通じて購入を試みたのですが、なかなかお会いすることもなく・・・・団体さんのイベントにも参加するタイミングがなく・・・

この団体さん、栃木から非難されたご家族が立ち上げたらしく、思い強く、けれども明るく運営されている姿が目にとまりました。ですから、何がしらご縁がないかなぁ、と思っていてもなかなかなく・・・
と思っていた矢先、願ってもないこのお祭りでブースを出されていたので、購入することができました。

まだちろっとしか読んでおりませんが、当事者しかわからない感情が嘘偽りなく書かれていました。
これはしっかり読ませてもらわないと、と思わせる筆圧?思いの強さ?を感じてしまい、ちゃんと読み切りましたら、久遠寺図書に保管しておきたいと思います。

ぜひ、手に取ってみてくださいね。


南無阿弥陀仏

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

フリーペーパー? 



ここのところ、上記のような入門書を多く見かけます。

出所は違うものの、2点とも無料という素晴らしさ。しかもとてもわかりやすく解説してあるのです。


しかしながら、出所は一緒なのです(笑)

「仏教伝道協会」

いまさら聞けないことも結構掲載してあります(-_-;)
いつぞやの学生時代のことは忘れてしまったのか、と自己嫌悪にもなりますが・・・・

久遠寺にも在庫かなりあります。お求めの方ご連絡くださいね。
イベントや法要でお配りしていく予定です☆


南無阿弥陀仏

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

鉄拳 

先日の法話会で、紹介された本。



鉄拳が描いてます。
内容は、「夢をかなえるゾウ」の水野敬也さん。

サクッと読めます(笑)

法話会で紹介されたのは、「それでも僕は夢を見る」。

夢を何度なく追っかけながらも、夢に裏切られ、夢を捨てる男の話。

でも最後には、
「生きることが輝きでした」と結ばれています。



気になる方は、是非本を手に取ってみて下さい(笑)お寺でも貸し出しますよ。

鉄拳に興味が沸いたので、以前も見た「振り子」というパラパラ漫画を↓

https://www.youtube.com/watch?v=EB19So6SNe0


映画にもなったんですね。どんな風になっているのか興味が沸きましたーDVDレンタルしよかな?



南無阿弥陀仏

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

 


《例のごとく、、川村妙慶師の本》

明日はバレンタインなので、愛について勉強中、、、(笑)

愛とは?

わからないことだらけ、、、


けれども本書にはこうありました。


本当の愛とは、頭ではなくこの身で経験することによって、ジワジワと感じてくることではないでしょうか?苦しいことがあった時、温かい言葉を添えてくれた。嬉しい時、共に喜んでくれる人がいた。信じていた人から裏切られた。その経験によって私たちは何かを感じるのです。その挫折を味わったときこそ、親鸞聖人が実践された『身の事実をごまかさないで生きる』ということを学ばせていただいたのです。優しい言葉だけが愛だと思い込んでいる私に、突き放す言葉も愛があるのだ。

出会い、出合い、出遇い、出遭いがあって人生は深くなるのです。

人生の出愛いを日々時折感じていきましょう、と。


男性女性の間に生まれる愛だけでなく、人と人との間に生まれる様々なやりとりこそ愛なんだなぁと思うわけで。


けれどもやっぱり坊主として大切なのは、仏様の愛。みんな平等漏れなく救ってくださる仏様のはたらきこそ『愛』。

そんな愛を明日は説けたらいいなぁー(笑)
説教とヨガがあるので、、∑(゚Д゚)

けれどもチョコは随時募集しておりますので、あしからず(^人^)


南無阿弥陀仏

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   

まだ寝れますが、、、 

ハナタレは終わりましたが、只今ハナヅマリ中(笑)

お月参り後、あまりにも「ダルイ」ので寝る。

昼過ぎても、寝る。

子供が帰ってきても、寝る。

夕方になり、犬の散歩をしなくてはならず、ようやく起きる。

寝まくりです。
ちなみにまだ寝れました(笑)

門派の勉強会も夜に控えていたのですが、今日はお休みさせてもらいました。
その代りに、地域の病院へ。

特に問題なく、いつも通りの風邪薬を頂戴しました。
一応念のため、インフルエンザの検査も(-_-;)

無事、陰性。

まぁ、熱もないので当然と言えば当然なのですが、これから接する方にご迷惑がかかるといけないので(笑)



只今、のんびり読書中です。

最近、この時間がとても大切になってきました。


読んでいる本の中で今日一番の言葉は

怠りなまけず、浄らかに生きる。
善い人たちを友とせよ。
親切にして、分かち合い、善い行いをなせ。
そうすれば、喜びに満ち、苦しみがなくなる。
ダンマパダ376




南無阿弥陀仏

Category: 図書・本

tb 0 : cm 0   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。