10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

第32回法話会が終了しました 

みなさま、コンバンワ!

『仏説阿弥陀経』に聞く 法話会も残り数回となるくらい終盤を迎えています。


初めは、先生の10年ぶりに偶然会った親友との会話のやりとりの中で


いまは、気楽に仏教にあう場所がない?

死を考えるときに、仏教ではどのような教えにあわせてくれるか?

などの会話をされたことの最後に、

Boys Be Ambitious(少年よ、大志を抱け!) ならぬ Bozu Be Ambitious (坊さんよ、大志を抱け!)と親友から言われ、昔はプチッと来たところが
今は励ましの言葉に聞こえてくる、と仰っていました。


また、についても


夢とは、自分の都合で考えることであり、

その夢から覚めることが覚者であります、ともお話くださいました。


そして、覚者の「覚」の字は、

覚る

覚める

覚える


と語尾が変わるだけで意味が異なってきます。

前二語が、覚者の真意であります。


また、『阿弥陀経』の内容に戻り、五濁のこと

①劫濁 - 時代のけがれ
 
②見濁 - 思想のけがれ

③煩悩濁 - 欲望のけがれ

④衆生濁 - 人間そのもののけがれ

⑤命濁 - 寿命のけがれ


についても言及され、


親鸞聖人の鋭い眼光の先には何があるのか?


アインシュタインVS近角常観師との対談


姨捨山のお話


親離れ、子離れのお話

などなど、盛りだくさんの内容でした。



今回からストーブをつけておりますが、とても眠くなることなどできないご法話を頂戴致しました。

毎月一度、開講しておりますので、是非一度ご聴聞にきてくださることをお待ちしております手書き風シリーズ矢印上


それでは、失礼します。おやすみなさい

南無阿弥陀仏 高山信雄

スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0