12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成22年1月の法語 

みなさま、コンニチワ!

一月はやりだめていることばかりで、なかなか消化しきれずでお伝えできていないこともあります
申し訳御座いません。。。。


平成22年1月 「往生というは浄土に生まるというなり」

201001 一月

まず、「往生」とは何でしょうか。よくこのように使いませんか?「私この前道を間違えて往生したわ」「本当にあの人は往生際が悪い」など、困ったこと、あきらめつかないことによく使われていますね。
しかし、この意味は本当にあっているのでしょうか。実は違うんです。
往生とは、往き生まれることでして、どこに往って生まれるのかといいますと、お浄土に生まれるんです。
お浄土に生まれるということは、どういうことかと考えますと、仏さまと同じところにいく、仏さまが居られるところに生まれるということなのです。『仏説阿弥陀経』には、お浄土が非常に写実的に述べられています。

→全ての苦しみがなく、楽しみだけで、きれいな石垣、並木、池などがあり、また素晴らしい音楽が絶え間なく流れている場所が、お浄土であります。

仏さまはこの場所に居られるのですね。
では、どのようにしたらこのお浄土へ往けるか、となりますね。
それは、どのようなものも救ってやるぞ、俺に任せろ、と言われた仏さまの願い・はたらきをお伝えしたお釈迦さまから代々渡り親鸞聖人まで伝わり、そこでお念仏の教えとして今、私たちの周りにきているわけです。

その仏さまの願いでもある南無阿弥陀仏をとなうれば、とつくづく申された親鸞聖人の願いは、浄土に生まれ往くことでありました。ですから、「往生」とは初めの困ったことやあきらめが悪いことでは決してなく、仏さまの国に生まれ往くこと、という尊いお言葉だったんですね。

みなさまも間違った使い方をしないように、今後の過ごしの中で気付いて下されば幸いです。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

久遠寺寺報『久遠』第27号完成! 

みなさま、コンニチワ!

ようやく冬の寺報が出来上がりました住職から原稿はだいぶ前から預かっていたのですが、なかなかやれず・・・・

「ゆっくりでいいぞ、今月ももう終わるなぁ~」との住職の励まし?のことばのお陰で完成しました

寺報27号


今日から印刷しだすので、配布は明日からとなります。HPアップは来月になりそうです、すみません

手元に届くまで、もうしばらくお待ちくださいね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

今年は名古屋開府400年ですね 

みなさま、コンニチワ!

今日は朝から突き抜けるような寒さでした。早く春がきてほしいものです・・・自分勝手ですが・・だだ泣き今、久遠寺寺報第27号『久遠』を急ピッチで製作してます。今月中には、アップできるように頑張ります頑張るぞ。おーっ。お待ちくださいね


先日、お休みを頂きまして運動がてらというか、あまりにも運動不足なので、「自転車でどこかにいこうっ!」と思い立ちました。そこで今年名古屋開府400年になりますので、清州城を目指し自転車を走らせてきたわけですロードバイク

なぜ清州城なのかといいますと、久遠寺も『清州越し』に便乗?したクチでありまして、もともとは清州にあったわけです。ホームページの『久遠寺の歩み』を読んで頂けると有り難いです。簡潔に言いますと、もともと寺は長島にあり、清州へ願い入れをし、清州に移り住むやいなや、徳川家康の命によりここ名古屋に移動となったわけです。


HPの記載文 → 天正元年(1573)に清洲城下への願入を行い、後に清洲へ移住します。当時の文献には、『福島宰相正則朝臣を便り、「便利な地を見立てて移るべし」と申され、この言葉を受け、尾張国清洲五条橋の地・朝日郷に移住し「久遠山見立寺」と号し ました。』と記されています。
安土桃山・慶長15年(1610)、当寺中興開山 浄光上人により、現在の地に至り、「見立」を改め「久遠山賢隆寺」と改称しました。


ですので、一度どんなところか気になっていたので何かいい出会いがあればという気持ちと、運動不足解消を目論んでいざ出発ダッシュ


そして自転車をこぐこと50分ほど・・・・

DSCN1395.jpg


ようやくついた・・・・

DSCN1396.jpg


いざ、中へ拝観料を払い入ってみたのですが、『清州越し』関連の資料は実際にはあまりなく、まぁしょうがないかという感じに・・・・・なってしまったのです

でもめげずに天守閣からの一望をかめら


コピー ~ DSCN1402


奥に小さく入っているのが、名古屋駅のツインタワーです、清州城のシャチとの「ツーショット」写真です台風


結局、さらっとみて、徳川美術館の方がやっぱり資料的には多い、と思い次回に持ち越す決心をしました。


ちなみにうちの寺は、五条橋の近くだったそうなので五条橋もパシャッと撮影かめら

こちらは清州城近くの五条橋。普通の橋になってます。

DSCN1408.jpg


そしてこちらが円頓寺近くにある五条橋。

DSCN1410.jpg


なぜか二つなのですが、歴史上で何回も移築やらこういった具合になったのではと勝手に推測してます。。


なんともうまく記事にはできなかったですが、400年前の清州城近くにあった久遠寺が元あった場所に行けたこと、運動不足が解消できたのでは?ということ、まぁいいサイクリングだったと思いました。

また気になるところに自転車でわざわざ行ってみたいと思いますロードバイク


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄



☆平成22年2月14日(日)~16日(火)
専修寺名古屋別院『報恩講』
西区の円頓寺商店街の近くにあります名古屋別院。ここで年に一度の報恩講がお勤めされます。最終日16日には、ご門跡さまによる『ご親修』もございますので、是非お参りくださいますことを心より願っております。僕も参勤予定です。見かけましたら是非お声をかけて下さいね!

☆平成22年2月19日(金)
  午後1時半~午後3時頃まで
『仏説阿弥陀経』に聞く 第34回法話会 最終回
  布教使 戸田恵信師 
  於 久遠寺本堂
『仏説阿弥陀経』に聞く法話会は、総集編を残し、最後の法話会となります。例年一月の法話会休憩には「ぜんざい」を頂いてもらうのですが、先月が中止だったため、二月に移行して「ぜんざい」を振舞わせて頂きます。みなさまには是非温まってもらいたいです。
寒い中と予想されますが、是非ご来寺してくださることを、心よりお待ちして居ります。

Category: 趣味

tb 0 : cm 0   

専修寺名古屋別院『報恩講』ご案内 

みなさま、コンニチワ!

今日は予想通り肌寒い日でしたね。夜はもっと冷え込むのでしょうかだだ泣き寒いのは嫌ですね。けどこの寒さも大切な方や必要とされるものもあります。そう思うと、そうなにイヤイヤ言ったらダメですね


本日、専修寺名古屋別院からご案内が到着しました手紙

何かと言いますと、『報恩講』のご案内です。別院は三日間にかけてお勤めされます。僕も寺の仕事の合間にちょくちょく顔をだしているので是非参られましたらお声をかけて下さいね。



日程は↓

2月14日(日)
逮夜のお勤め 午後1時より 終了後ご法話
初夜のお勤め 午後3時より 

2月15日(月) 
朝のお勤め  午前10時より
正午     おとき
日中のお勤め 午後1時より 終了後ご法話
初夜のお勤め 午後3時より

2月16日(火)
朝のお勤め  午前10時より
正午      おとき
満日中のお勤め 午後1時半より 御門跡様『御親修』

※ご法話の布教使は岡崎 浄泉寺住職 戸田信行師です。





ちなみに場所は、円頓寺商店街の中にあるのですが・・・結構わかりにくいかもしれません。
住所は、名古屋市西区那古野一丁目20-5

もしお参りくださるなら、ご連絡下さい。地図をお渡しします。


となっております。ここ数年、久遠寺のお壇家さまもお参りして下さる方がみえます。ぜひご参詣下さいね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄




☆平成22年2月14日(日)~16日(火)
専修寺名古屋別院『報恩講』
西区の円頓寺商店街の近くにあります名古屋別院。ここで年に一度の報恩講がお勤めされます。最終日16日には、ご門跡さまによる『ご親修』もございますので、是非お参りくださいますことを心より願っております。僕も参勤予定です。見かけましたら是非お声をかけて下さいね!

☆平成22年2月19日(金)
  午後1時半~午後3時頃まで
『仏説阿弥陀経』に聞く 第34回法話会 最終回
  布教使 戸田恵信師 
  於 久遠寺本堂
『仏説阿弥陀経』に聞く法話会は、総集編を残し、最後の法話会となります。例年一月の法話会休憩には「ぜんざい」を頂いてもらうのですが、先月が中止だったため、二月に移行して「ぜんざい」を振舞わせて頂きます。みなさまには是非温まってもらいたいです。
寒い中と予想されますが、是非ご来寺してくださることを、心よりお待ちして居ります。




Category: 本山

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成22年1月20日掲載 

みなさま、コンニチワ!

今日まではなんだか暖かく過ごせましたが明日からまた寒くなるそうです汗寒暖の差は、ツライですね・・がーん風邪をひかないように健康な体を維持したいものです

そして寺の掲示板は更新し続けます頑張るぞ。おーっ。



DSCN0709.jpg


「うっとおしい○○でございます。でも○○がうっとおしいのではありません。うっとおしいと思う私の心がうっとおしいのです。」※○○に言葉をはめてみて下さい

今回は、寺の法話会でのお話の中のお言葉で、先生があるお寺に伺ったところの掲示板にあったそうです。



それでは、久遠寺住職のご説明を聞かせて頂きましょう


住職似顔絵

→○○のところへは、いろいろな言葉が入ると思います。各々の立場、境遇によって、「○○がうっとおしい」の心が起きてしまいますが、よく考えてみますと、「○○がうっとおしい」とは自分の思い、自分の都合であります。ですから、私たちの思う「幸」とは、自分の思い通りになっておれば幸福であり、思いどおりにいかねば不幸と判断してしまいますね。
仏法は、現実の事実に目覚めさてくださる教えであります。思い浮かべますと、自分がこの世に生まれてきた誕生の時は、すべてお任せでありました。「○○がうっとおしいと思うことがうっとおしい」と気づかせて頂くのは、本当の自分に目覚めてくれよ、との仏さまの願いであり、そのはたらきに遇わせて頂いたからでありましょう。
合掌  久遠寺住職



なるほど。○○に言葉をはめてみますと・・・・嫁?姑?舅?子供?老人?若者?犬?天気?・・・本当に自分の思いだけでかなりの言葉が当てはまるように感じます。そして、実際はそう思う自分の心がうっとおしい、と結論づけられる。まさに自分の心の内を見透かしたような言葉ですね。なんだか、はっと気付かされた気持ちになります。

みなさまはどのような言葉がはまりますかね?言葉をはめてみて、自分というものを気づかせて頂きましょう。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄




☆平成22年2月14日(日)~16日(火)
専修寺名古屋別院『報恩講』詳細後日
西区の円頓寺商店街の近くにあります名古屋別院。ここで年に一度の報恩講がお勤めされます。最終日16日には、『ご親教』もございますので、是非お参りくださいますことを心より願っております。僕も参勤予定です。見かけましたら是非お声をかけて下さいね!

☆平成22年2月19日(金)
  午後1時半~午後3時頃まで
『仏説阿弥陀経』に聞く 第34回法話会 最終回
  布教使 戸田恵信師 
  於 久遠寺本堂
『仏説阿弥陀経』に聞く法話会は、総集編を残し、最後の法話会となります。例年一月の法話会休憩には「ぜんざい」を頂いてもらうのですが、先月が中止だったため、二月に移行して「ぜんざい」を振舞わせて頂きます。みなさまには是非温まってもらいたいです。
寒い中と予想されますが、是非ご来寺してくださることを、心よりお待ちして居ります。




Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0