12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

寺の掲示板 平成22年1月9日掲載 

みなさま、コンニチワ!

明日からは寒波がくるらしく、年末の雪が思い出されます。外へお出かけの方は、寒さも安全も用心して下さいね頑張るぞ。おーっ。


新年の掲示板から、これからまた通常に掲示板を更新していきたいと思います。

DSCN07201.jpg

今回は、「いずれの行にても生死をはなるることあるべからず」唯円 であります。
それでは、住職の解釈をお聞きしましょう


住職似顔絵

 → この法語には続きがありまして、「・・・・生死をはなるることあるべからざるを、あわれみたまいて」とあります。それを踏まえて私なりに解釈させて頂きますと、私たちは生と死を離して、いかに楽しくいきようかと、また死を嫌い且つ無いことのように遠ざけて生きようとしています。しかし、本来は生死の苦しみから離れられない存在なのです。生かしめられている生を私有化している生で生きているので、死んだらどこへいくんであろうかと不安になるばかりです。しかし、今自分の思い・都合でしか生きられないものを憐れんで仏様は本当の願いを起こされた訳であります。          合掌 久遠寺住職


確かに、生と死を分けて考え、生きているのが当たり前と感じる毎日であります。この法語はそんな考えを戒めるかのような気づきを与えて下さっています。生きているだけでも不思議、毎日が特別な日、感謝の一日を大切に過ごさせて頂きましょう。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄



☆平成22年1月15日(金)
 高田本山専修寺報恩講『お七夜』
 会費 5000円 食事券+志含
 久遠寺壇信徒参詣募集中。お電話にて受付して居ります。
 バス一台を用意して居りますので、ぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。

☆平成22年1月19日(火)
  午後1時半~午後3時頃まで
『仏説阿弥陀経』に聞く 第34回法話会 最終回
  布教使 戸田恵信師 
  於 久遠寺本堂
『仏説阿弥陀経』に聞く法話会は、総集編を残し、最後の法話会となります。寒い中と予想されますが、是非ご来寺してくださることを、心よりお待ちして居ります。


スポンサーサイト



Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0