04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

寺の掲示板 平成22年5月6日掲載 

みなさま、コンニチワ!

ゴールデンウィークが終わってしまいましたねみなさまはいかがお過ごしになられましたか?天候がびっくりするほど良くてかえって暑いくらいに感じてしまいました
僕自身もGWに帰省してくる地元の友人や、なぜかGW中に出張してきた大学時代の友人らと楽しい語らいができ、満足なGWを過ごさせていただきました。もちろんお参りも含めてですよ


そんな中、掲示板の更新をうっかり忘れてしまっていました・・・・申し訳ございません5日ほど遅れてしまいましたが、さっそく張り替えてきました。


DSCN1865.jpg

「バラバラのものが本当にひとつに生きあえる世界をお浄土という」 和田稠

さっそく、最近天気が良くて草取り名人な当寺住職にお話を聞いてみたいと思います

住職似顔絵

→「念仏成仏是れ真宗」と親鸞聖人が言われるが如く、念仏によって救われる人生が真宗であり、お浄土であります。地獄、極楽、穢土、浄土と言われるように、場所の存在の有無ではなく、生きていることを当たり前にしている自分がいます。究極的には「自分の思い」「自分の都合」でしかいきていない訳であります。その自分中心は、悲しみ・痛み・苦しみ・不平不満が常に伴って、その苦しみの大きさや深さを競いあっているから、バラバラの現実があるわけです。一人では生きられない、他に迷惑をかけずには生きられないのが人生であり、「いのち」を考えてみますと生きていることすら不思議なことであります。
仏様は、私たちのようなそういうものすべてを救わずにはおれない本当の願いを教えて下さいます。その教えによって報われた世界が、同じ行をともに生きる者として一つに生き合える世界(お浄土)ではないでしょうか。


人間とは何かを見つめなおし、あぁこれが私自身であったかとありのままを知らせてくれるのがお念仏の教えなんですね。お念仏称えて、皆の心がひとつになる。必ず救ってくださる仏様の願いを信じ、お念仏致しましょう


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0