05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

明日は法話会です 

みなさま、コンバンワ!
今日は一段と蒸し暑い日でしたね、衣の中もベタベタになってしまいました早くこの蒸し暑さになれないと、体が取り残されて夏バテを引き起こしてしまいそうな感覚ですみなさまも体調管理に気を付けてお過ごしくださいね

そして、連日の雨にも関わらず、明日は法話会の日です

真宗入門法話会③『和讃のこころ ~阿弥陀仏~』
布教使 岡崎・浄泉寺 戸田恵信師
午後一時半開講~午後三時頃閉講予定
※休憩有 ご聴聞無料



P1040868.jpg


蒸し暑さは変わらないかもしれませんが、扇風機もちゃんと2台出してあります!
是非、蒸し暑さ&雨に負けずご来寺してくださることを心よりお待ちしております


HPにも5月の「法話を聞く」をアップしておきました。こちらもチェックしてくださいね


http://www.kuonji.net/houwa.html

それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

 

みなさま、コンニチワ!

「カメラ壊れてもブログ更新頑張ります!」といったもののすでに3日も経ってしまいました・・・有言不実行で申し訳ありません・・反省。
ついに梅雨に入り、やっぱりというか雨ばかりになりそうな毎日です。みなさま、いかがお過ごしでしょうか?この時期に入ると思いだすというか、また見たいというか、頭をよぎることがあるんです。

3年前くらいのことですが、先輩僧侶のお誘いで‘岡崎のとっかわ?地区’に蛍を見に行きました。まだ嫁とも結婚していなくて、婚約状態だった気がします。僕は、寺が名古屋にまるので良いか悪いかわかりませんが、街っ子であります。ですから、蛍なんてみることができない。蛍て知識で知るのみで目でみたことはありませんでした。そこで、願ってもないお誘いを頂き、見に行かせて頂いたわけです。


当日の細かなことはあまり覚えていませんが、

ほんとにきれいでした

単純なことばでしか表現できない自分が情けない当然、写真などにおさまるほどのひかりはありません。けど、目にはしっかりはいってくるか細いやわらかなひかり。

そんな気持ちを思い出したので、今月のお軸はこれにしました↓

P1040857.jpg

これはほんとにみにくい

P1040858.jpg

P1040859.jpg

たまには風流な感じもいいかと

ついでに蛍はいままでどのように見られてきたか、チラッとネット検索してみますと

「夕されば 蛍よりけに燃ゆれども 光見ねばや人のつれなき」 紀友則
夕方になると、蛍よりも私はいつにもまして恋心が燃えるんだ。でも、人間の恋心は蛍の火のように見えるわけじゃないから、私の思うあの人は気づかず、つれなくされてしまうんだ。

「音もせで思ひに燃ゆる蛍こそ 鳴く虫よりもあはれなりけれ」 源重之
音もたてずに恋心を燃やしているホタルは、鳴いて思いを伝えられる虫よりもあわれだ。

「物思へば 沢の蛍もわが身より あくがれいづる魂かとぞ見る」 和泉式部
物思いにふけると、沢に飛ぶホタルも、我が身から迷い出た魂のように見えてしまう。


昔の方は、このように蛍をみていたのか、と。しかし、和歌として決められた数の中に言葉を詰め込む、凝縮するということは今あまりないのかなぁと、まったく違うことも考えてしまいました。

話は違えど、凝縮されたことばといえば、‘南無阿弥陀仏’。仏様からの呼び声、必ず救うぞ!と言ってくださることに耳を違う方向に傾けている私たちであります。改めて聞かせて頂く耳を仏様のほうに向けてみませんか?



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 趣味

tb 0 : cm 0   

故障 

みなさま、コンニチワ!
今日は久しぶりの雨でしたね朝方は小寒いくらいでしたが、今はなんだか蒸し暑く感じるのは僕だけでしょうか?先日、友人の結婚式に出席させてもらい、大変喜ばしい席だったのです。

が、、そこで大変なことをやらかしてしまいました・・



デジカメ故障・・・

P1040822.jpg

P1040823.jpg

うっかり落としてしまい、ちょうど起動中だったためか、レンズが収納できず
いろいろ試してみましたが、まったくもって不動状態なんです。。。

ちなみに今回の写真は、むかーし使用していたカメラで撮影。しかし、これがデカスギル、オモスギル


いつもお世話になっている電気屋さんになくなく電話するものの、修理代も馬鹿にならず・・・
もちろん新品を買う余裕はなく・・

今日からしばらく頭が重たいです。カメラも重たい・・・



これにめげずブログアップ頑張ります


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成22年6月11日掲載 

みなさま、コンバンワ!

蒸し暑い日です。夜も寝苦しいかもしれません・・昼間なんかまだ早いかもしれないですが、仕事部屋の「ドライ」のボタンを今年初めて押してしまいました・・・早く体を慣らさないと、疲れのようなだるさが襲ってくる気がしますけど、ここはひと踏ん張りして元気よくいかねばいかんですね


寺の掲示板を更新しました。ようやく①のつく日に更新をもってくることができました。やれやれです
今回は↓

DSCN1871.jpg

「一寸先は闇という よくみればその闇は 私の中にある」 榎本栄一

住職似顔絵

→真っ暗闇といいますと、私の小さい頃を思い出します。寺の境内には墓地があり、夜中にお墓の中を歩くと、一歩一歩確認しながら進んだものです。周りは真っ暗ではありましたが、星空のかすかな光が行く方向を示してくれました。
現代では人工の明るさによって、暗いという感覚は薄れています。しかし、この暗さではなく、ここで言われる闇とは「人間が自分の思いで何でも知っている、わかっているつもりでいる」という闇であります。よく考えてみますと、私たちは自分の身体の事もわからないし、自分の存在も、今から行く先もわからない。けれども、どうにもならないと行き詰った時こそ、私たちよりもっと自分の思いに苦しみ、もがかれた先輩(善知識)の歩まれた歴史の事実の光に遇わせて頂くことができるのでしょう。その瞬間、本当は自分が何にも分かっていない=無明だと気付かされるのでありましょう。
『千年の暗室も一筋の灯で明るくなる』


なんだかわかりやすい、イメージしやすい法語ですね。「はっ」となんだか気づかされる気がしました・・住職が最後に書かれているのは、経典のおことばなのですが、「千年の暗室」といいますとかなり暗いイメージがわきますよね。そんな場所でも、たった一つの灯で明るくなる、といわれているのです。まさに私たちの住む世界も、道は見えてそうで実は見えてなくあっちへいき、こっちへいきの繰り返しばかり。けれども、お念仏といたった一つの光に遇うだけでその闇は明るくなるんです。闇がなくなるのではなく、明るくなる。いろんな悩みや不安をもちながら、どの方向へ進むべきかの一筋の光が見えてくるというわけですよね。まさに法然上人・親鸞聖人から自分の関わる先人たちからずーーーーーっとのお念仏のつながりが光なのです。その光に遇うべくお念仏申したいですね



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 2   

お待たせしました。 

みなさま、コンニチワ!

雨が降りそうで降らない今頃です。昼過ぎはすごくいい天気だったのに・・・・
けど、爽快な気分だったので、床屋さんに行ってきました僕の床屋ペースは、3週間に一回。実は結構手間がかかるのです、坊主頭も刈りたてはほんと気持ちいいですよ、この時期は

久遠寺ホームページの「法話を聞く」が更新できました

http://www.kuonji.net/houwa.html

しばらく更新できず、申し訳ありませんでした。またしばらくしたら、5月の法話会もアップしますので、楽しみにしてくださっている方々、もうしばらくお待ち下さいね

今日は、もう少ししたらお通夜の出かけます。ご近所の方で、いろいろとお世話になった方のお勤め。さみしい気持ちでいっぱいですしかし、その方の「死」に出遇うことで、亡くなったことは辛いけれども、死を通して伝えてくださったこと、またいのちとは何か?とお勤めを通してご家族の方々とお話合いできたら、と思っております。




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄


Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0