06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成22年7月の法語 

みなさま、コンニチワ!

あまりにも雨が降らなかったので、住職は毎日暑い中水撒きするほどでしたが、ようやく久しぶりの雨で、境内も少しだけ潤いを戻した気がします。

7月の法語「信心をうれば暁になるがごとし」とはいったいどういったことなのでしょうか?

201007 七月


暁とは、夜明け・ほんのり明るい状態のことを表すそうです。一応調べた結果なのですが、、、あかつき(暁)、しののめ(東雲)、あけぼの(曙)と東の空が明るくなってくる様子を表した言葉です。

もう一つの意味は、物事が実現・完成した時の意味によく使いますよね。~ができたあかつきには・・・のような表現です。


全然関係ないのですが、暁で思いつくことは、よく春になると母が言うんです↓

「春眠暁を覚えず」

春になると、決まり文句のようにいつも言ってくれます》意味はもちろん、春の夜はほんとに眠り心地がとてもいいので、朝が来たことも気付かず、寝過ごしてしまう、ということですね。

真宗的に無理やり訳してしまうと、煩悩(春眠)という欲が抑えれず深く依存してしまっている私たちは、そんな深みにいることなど知らず、本当のことに目を向けようとしない(覚めようとしない)なんてこともいえちゃうんじゃないかと考えをめぐらしてしまいました

本題に戻りますと、信心を得ることで暁になるということ、と示されていますね。ですので、得る前はもちろん夜であります。私たちの自分を顧みない・私が私がの『我』ばかり追っているのが夜なのですね。だから信心を得るまでずーーーーとその状態にあるわけです。

では、どのように信心を得るのでしょうか。

それは、南無阿弥陀仏を称え、すべてを仏様にお任せしたとき、本当の自分と向き合えた瞬間なのではないかと思います。阿弥陀仏のはたらきによって、信心を得る。つまり、暁になるのは、自分が信心を得たからではなく、阿弥陀様からのはたらきに初めて気付かせてもらったと気付いたときに、初めて暁になるのではないでしょうか。


本当の意味での「あかつき」に出会えるように日々精進ですね



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

虫干&写経会開催 

みなさま、コンニチワ!

今日から一か月後の8月27日(金)28日(土)午後1時から午後7時まで『虫干&写経会』を開催致します。昨年も暑い中での開催でしたが、今年は涼しい部屋も用意しながら開催する予定です。

2010082728 虫干写経会ポスター ネット用


内容としましては、展示軸総数50点ほど予定しております。戦後すべて焼失した久遠寺でありますが、前住職が守り抜いた軸の数々なのです。古いもので300~350年のお軸もありますが、文化的価値のあるものはないんですねぇけれども、久遠寺の歴史の一つとしてごゆるりと鑑賞して下されば幸いです。


P1040904.jpg



また同時開催の「写経会」は、探究社『歎佛偈』の写経テキストを用います(会費1000円)。歓喜館庫裡座敷から、静かな境内を眺めながら写経をして頂き、その中で自分を見つめ、楽しく書いて頂ければと思います。もちろんクーラーばっちり入れておりますよ
いつ来られて、いつ帰られても構いませんので、ご自分のペースで書き上げてください。筆等の準備は寺に用意してありますので、お気軽にご参加くだされば幸いです。

残暑厳しい中での開催でありますが、ぜひみなさまのご来寺を寺族一同心よりお待ちしております。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成22年7月26日掲載 

みなさま、コンニチワ!

クーラーの中に入りすぎていませんか?たまには汗をかいて汗腺を解放してあげましょう、汗腺に蓋をしないように気を付けてお過ごしくださいね僕も夕方から境内に繰り出して、汗をいっぱいかく予定ですよ


寺の掲示板を更新しました

CIMG0097.jpg

「往生の生は 生まれるというほかに 生きるという意味がある」 曽我量深


住職似顔絵
→往生と言いますと、物事が行き詰ったこととか、あの方が往生されたというようなことを意味します。
ここで言われる往生の「生」は、真なる生に往かれた人々のお陰で今があることをお教え下さります。
真なる往生の道・往生の歴史において、先に往かれた方々によって導かれながら、今この生に対して自分自身の力で生きているのではないということであります。
そこに気付かされた時に、自分の思いが打ち砕け、本当の願いを聞き、その願いに順じて生きてゆける自分が生まれるのではないでしょうか。このはたらきによって「自分の分限を知る」と同時に、限りない智慧とつながりあるいのちを生かされていることに感謝できるのだと思います。


確かに今、生活する中で「往生」と言いますと、行き詰ったり、困ったりするときに用いますよね。でも実際はこのような意味があった。
今、私たちが普通に使用する言葉の中で、仏教が由来のものって結構あるんですね。
挙げてみますと、「他力本願」「大袈裟な~」「挨拶」・・・。

本来の意味からは離れてしまったけれども、まだまだ私たちの生活で使うものであり、いかに密着していたかがうかがえます。本来の意味ももちろん大切ですが、それくらい密接にあった仏教=手を合わせる環境はいま近くにあるのでしょうか。

今忘れてしまっている大切なものは何であるか、をたまにのんびりゆっくり考えてみてもいいのではないかと思うこの頃ですね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

正座 

みなさま、コンニチワ!

一日に暑いという回数(20~50)×9月終盤まで(60日ちょい)=1200~3000回ほど、毎日「暑いっ」と言えば暑い日も過ぎていきますね。しかし、まだまだ日は浅いです。暑さに負けず、頑張りましょう

お寺や法事などで嫌なことを言ったら、まずみなさまが思い浮かべられるは「正座」などではないでしょうか。
今でこそ椅子席が多くなり、正座を強制されることは少なくなりましたよね。けど、せっかく手を合わせても変な座り方ではほんとはいけません。かといって無理に座ると膝が痛くなる、歩けなくなる、ということもしばしばです。

以前研修させてもらったお寺の本堂にはこのように書いてありました。


「静坐」


これを見たとき、なるほど~と思ったのを今でも覚えています。単純なことですが、普通というかちゃんと書くならもちろん「正座」ですよね。もちろん姿勢を正して座ること、であります。

その字をもじると、こうなるのか。

ちゃんと座って頂きたいが無理はしてほしくない、そんなときにこの言葉は僕のイメージにぴったりきました。正しく座ることよりも、正しく座るべき場でのこころを大切にしたいものです。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

一年 

みなさま、コンニチワ!

梅雨明け宣言されてからというもの、カンカン照りの日が続いています。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。この時期に心配されるのが、「熱中症」。外に出ず、部屋にいてもなってしまうそうです。よく水分を摂らなきゃいけませんね

昨年はまだこの時期はこんな暑くなかった気がするのですが・・・・と昨年を振り返ってみますと、このブログ始めさせて頂いてからようやく一年が過ぎました。初めは続くのかどうかすら心配でしたが、なんとか継続中できていることに喜んでいます。

そこで振り返り、一番初めのブログを読んでみました↓

http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/blog-date-200907.html

『初心に戻る』。大切なことと思います。
いろいろなご縁に今あることを気付かせて頂けるよう日々精進したいものです。

これからも昨年の今頃同様のテンションで頑張っていきますので宜しくお願い申し上げます




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0