08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

9月の法話会が終了しました 

みなさま、コンニチワ!

雨が二日間降り続いたおかげで最近は朝晩がとても涼しく過ごさせて頂けます。雨に感謝感謝ですね

普段、自転車に乗るのも結構好きなのですが、この暑い夏の中はさすがに控えておりました。が、これくらい涼しくなると非常に快適な風を受けて自転車がこげるので、自転車に乗る時間があるときは、ちょっとした楽しみです

前日までに扇風機も揃えに揃えて法話会の準備をしたものの特に必要もないかと思うくらいの中、法話を聴聞させて頂きましたご来寺くださった方々、本当に有難うございました。また今回都合がつかずこれなかった方も次回は是非ご聴聞くださることを心よりお待ちしております。


今回のサブテーマは「絶対他力」。休憩中に先生ともお話しさせて頂きましたが、少ない言葉でわかりやすくお伝えすることが難しい言葉だなぁと僕自身は思っておりました。がけれども先生は、法話の中でとてもわかりやすくご説明下さいました。

他力本願の間違った使い方。間違っても「他人任せ」ではないということ。他力本願は広大無辺な阿弥陀如来のはたらきを表す言葉で、人間関係のうえでの自らの力や他の力ではないという意味ではありません!と教えて下さいました。

また社会的実例をもって、これは他力かそうでないかという問いを交えながら他力とは何かを明らかに分かりやすく説明を加えて下さいました。

私たちはどうにも自力から離れられない、気づかず生活をしています。そんな中で他力とは、また自力に閉じこもっている自分に初めて気づかせて頂けるご法話を聴聞させて頂きました。

そして、最後に簡潔に自力とは?他力とは?にお答えくださったんです。


自力とは、自分のはからい

他力とは、阿弥陀如来のはからい

であると。明白にて簡潔なお答だ、ただただ感服しておりました。
この真宗入門法話会は、教義ばかりでなく、私たちの生活に起こりうることと教えを結びつけながらご法話くださいます。わが身がどんな身であるか、また教えとはなんであるかをわかりやすくお教え下さいますので、またご都合をつけてご来寺してご聴聞して頂けたらと思います。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0