08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成22年9月の法語 

みなさま、コンニチワ!

夏に比べるとコンスタントに雨が降るようになりましたね。有難いような面倒なような・・自分主体ですと普通のことすらいいとか悪いとか判断してしまいます。さびしい心です

月末になりまして、恒例の法語カレンダー更新です。


今月は↓

201009 九月

「弥陀の願力は生死大海の おおきなるふねいかだなり」


ふむふむ、直訳してしまいますと、阿弥陀様のはたらきは、生死の中での悩み多き海を渡して下さる大きくて安心な船なんです。といったところですかね。

親鸞聖人は、『海』や『船』といった表現を結構されています。僕自身がいつもお勤めさせて頂きながら、コレだっ!と思うのは

「小慈小悲もなきみにて 有情利益はおもふべき 如来の願船いまさずば 苦海をいかでかわたるべき」

「生死の苦海ほとりなし ひさしくしずめるわれらをば 弥陀の悲願のふねのみぞ のせてかならずわたしける」

といった和讃に心が納得します。一首目は、我が身を省みながら救われている我が身、そこでもしこの弥陀の船がなかったらどうなっていたことかとのお気持ちが察しれます。
二首目は、完全に安心して任せてある我が心が窺えます。

ですので、差し詰め弥陀の船とは絶対どんなことがあっても転覆や故障のしない、そしてちゃんと行先に連れて行って下さる船なんですね。船は、乗ってさえしまえば、怪我をしていようが病気をしていようが悩みを持っていようがどんな状態の人も乗れるわけです。だから『船』という表現をされたのかな、と思います。

こころも安心して送り届けてくださる豪華客船、このチケットは私たちは持っているにも関わらず全く見えていない、持っていることに気付いておりません。なのに、手漕ぎボートや泳いで行った方が近道なのでは、と考える方もおられるかもしれません。しかし、お念仏をお称えし、我が身が内省できたとき、ふとポケットにこの弥陀の豪華客船のチケットに気付くのではないでしょうか。

日々のお念仏で、鏡のように我が身を映してみませんか?




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
 
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0