01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

名古屋別院『報恩講』part2 

みなさま、コンニチワ!

先日の14日、15日、16日で高田派名古屋別院の報恩講が無事勤修されました。16日はご法主もお見えになるということで本堂は満堂状態でお勤めがされました。有難い事です。

IMG_1665.jpg

ぼく自身も報恩講八座ある中で、六つの法要に出させて頂きました。今回、今までの中で一番出勤させて頂いたのですが、日頃お唱えすることのないお勤めもあり非常にいい刺激&勉強をさせて頂きました

若い仲間や住職方との大勢のお勤めはなかなかなく、この名古屋別院での法要は他にないいい場所であります。またご聴聞に来てくださる皆様にも、ご法主さまの「ご親教」を名古屋という近くで聞くことができる、また説教使の先生方のご法話も法要後にあり、非常にいい聴聞の場であると思います。

お非時(お食事)も別院のお檀家さまお手製で非常においしく頂けます。

別院にかかわる人全てが、別院を支え、また私たちも支えられているのだなと感じる数日間でありました。



ご法主さまも「ご縁」についてご親教下さいましたよ。ぜひ来年の別院報恩講に足を運んで頂きたいと思います。
ご聴聞目当て、お非時目当て、いろりろで結構ですのでまず一歩踏み出してご来寺くださいね





それでは失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

高田本山専修寺名古屋別院『報恩講』 

みなさま、コンニチワ!

見事に天気予報が的中し、またまた雪が降っております。実に動きにくいですね・・・朝は天気だったのに、と思っております


そして、こんな天気になってしまいましたが、

専修寺名古屋別院では『報恩講』が勤修されています。今日も参勤させて頂いてきましたよ


IMG_1388.jpg

明日のお勤めは

午前10時

午後1時

午後3時


と御座います。是非ご都合がいいときにご参詣くださいね。ちなみに僕は、午後1時からのお勤めからは別院にいると思いますので顔をみたらお声をかけてくださいね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

京都市美術館 親鸞展 

みなさま、コンバンワ!

ひととき暖かいと感じる日もありましたが、まだまだ寒い日が続きますねみなさま、ご健康でお過ごしのことと願っております

昨日、ご本山から京都市美術館で催される「親鸞展」のご案内を頂きましたのでご報告いたします。

IMAGE0125.jpg

親鸞聖人750大遠忌にむけての記念行事です。

国宝九件

重要文化財三十六件


他にも大切なご宝物が上記を含め百三十件ほど展示されるそうです。

期間は

平成23年3月17日から5月29日まで

場所は

京都市美術館

料金は

一般1300円

だそうです。展覧会公式サイトは → http://www.asahi.com/shinran/

詳細はこんなとこですね。僕もこれは必ず行こうと思っています!!半分観光ですね、せっかく京都まで行かせて頂くので。いや~楽しみだっ

みなさまもぜひぜひ京都まで足を伸ばしましょうっ!!!!



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

桃の節句 

みなさま、コンニチワ!

もう一月すると桃の節句、三月三日の雛祭りですね。寺にも僕の姉さんたちの雛壇があるんです。と昨年も紹介しました特に寺とは関わりがないのですが、時期を感じるものと思い今年も設置です

IMG_0193.jpg

IMG_3003.jpg

今年はお座敷に設置。昨年は見事に「左近の桜、右近の橘」を逆に設置しておりました。

恥ずかしや、恥ずかしや

毎度母親と話していると、「左近というけど、どっちからみた左なんだろねぇ」とまぁ確かに、と思う話し合いの末、ネット検索によって判別したわけです。

この「左近の桜、右近の橘」。どうも紫宸殿という建物に対して育っているのになぞらえたそうです。


高田派ご本山でも、御影堂の前は柳の木と菩提樹の木が左右になります。向かって、で言いますと、右が柳、左が菩提樹ですね。久遠寺も境内整備の際、そのようにさせて頂きました。もちろん高田派名古屋別院でもそのようになっております。

小さいころから、高田派の寺には「柳」と「菩提樹」があるんだぞ、と教えてこられました。が当時「柳の木」はありませんでしたし、「菩提樹」も本堂前にひっそりとわからないくらいでありました。

ですから、整備の際、これはいい機会だとご本山に習わせて頂いたんですね


なぜ柳と菩提樹なのかは、高田草創の伝説からきているんです。これはまた別の機会にお話しさせて頂きますね




ではでは、ご来寺下さいましたら、こちらのお雛様たちも是非ご覧くださいね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 趣味

tb 0 : cm 0   

もうしばらく 

みなさま、コンニチワ!

境内の花々が、まだまだ寒い中にも関わらず、つぼみの状態で春の兆しを教えてくれます。「もうあとすこしだっ!」となんだか励ましたくなります

IMG_7771.jpg

梅の木もいっぱいつぼみを蓄えております。

IMG_2285.jpg

檀家Y様に頂戴した椿も準備万端。

IMG_9690.jpg

沈丁花も小さいながらいい香りを放つ用意をしております。


寒い中であろうとも、暖かくなる春を目指して毎年健気な姿を見せてくれます。私たちも、このつぼみのごとくお念仏のみ教えによって花開きたいものです。今は自分自身で開こうとしてばかりで、そんな自分にも気付いていない。すべてを任せて温かいいのちのあり方に気付きたいものですね



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0