01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成23年2月の法語 

みなさま、コンニチワ。今日は一日雨ですね
この雨に名前があるらしんです。僕は初めて知りました。教えてくれたのは『特ダネ』の天気の達人・天達くん。小倉さんがいつも「あまたつっぅ!!」とか呼んでいるお天気キャスターです。

「催花雨」とかいて(さいかう)と読むそうです。字の通り、花を催す雨。この雨をきっかけに春の花々が目を覚ましてくるのではないでしょうか。そう思うと、雨も一役立っているのですねぇきれいな花を咲かせてくれる一因ですね、喜ばしいことです


今月ももう終わり、明日からは三月ですね。毎月毎月ですが早いものです

201102.jpg

「遇いがたくしていま遇うことを得たり」

この文は、「教行信証」という書物の総序という個所にあります。総序ですから、この書物すべての部分での序文ですね。前後の文を拾い上げてみますと

「西播・月支の聖典、東夏・日域の師釈に遇ひ難くして、今遇ふことを得たり。聞き難くして已に聞くことを得たり。真宗の教行証を敬信して、ことに如来の恩徳の深きことを知んぬ。ここを以て聞くところを慶び、獲るところを嘆ずるなりと」

とあります。

インド、中国、日本の高僧の教えに「遇ひ難くして、今遇ふことを得たり。」なんです。ということはもう遇われたわけです。そして、上記の教えが「真宗の教行証」であり、敬い信ずることで如来さまの恩徳の深さがわかったのですね。

最後にこれから今聞いたことを本当に慶び信じた真宗の教えを顕していきたいと述べられるのです。として親鸞聖人がこの「教行信証」という書物の「こう書くぞ!」との意思を聞かせて頂けるのですね。

「難く」として、本当はそんなことに遇えるのは希なのに今こうして遇わせて頂いている。本当は聞くご縁もないのに今こうして聞かせて頂いている。そんな仏縁に恵まれた我が身を慶ばれている姿が目に浮かびますね


私たちも親鸞聖人が伝えて下さった「南無阿弥陀仏」の教えは、遇い難くしていま私の口元にあるわけです。それを称えず、飲み込むのなんてもったいない。

口で心でお称えしましょう。南無阿弥陀仏




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

寺の掲示板 平成23年2月23日掲載 


CIMG0416.jpg

「浄土は私がつくるものじゃない 地獄は私どもがつくるのである」正親含英師



住職似顔絵
地獄とは、生きている時の罪の深さによって、その報いを受けねばならないと教えられています。日頃、正しい行いをしていて、人様に迷惑をかけてはいないという自分の思いでいますが、果たしてそうでしょうか。

私たちは、あらゆる関わりで心配をかけ、迷惑をかけている存在であります。また自分の思い通りでしか自分の立場を考えられず、その結果自分に縛られているのではないでしょうか。ですから、自分の思いが自分の苦しみとなり、苦しみを作っていると思います。
地獄とは、ケモノとイヌが一本の杭に繋がれ吠えている姿で、自在がきかない、というのが地獄であると教えられています。地獄はない、自分の思いで作り出しているのです。

それとは違い、お浄土は無疑であります。それは、疑いのない事実に出遇うことができるからです。しかし、不疑はお浄土を信じることもあれば、時によって信じない時もあります。つまり、自分自身で清浄なる土を見失っているのです。土とは「土を踏みしめる」、身を摂する所以の感動を表す言葉なのです。
大空のように広く、いつでもどこでも誰にでも差別なく平等なる世界が人間の根源的な願いであると、仏様は教えを通して教えて下さるのです。ですから、お浄土は私自身が作るものではないのです。

念仏は浄土に生まれる為か、地獄に落ちる業かは存知しません。親鸞聖人は「たとえ法然に騙されて念仏した結果、地獄に落ちても決して後悔はしない」と断言しておられます。なぜかと申しますと、私どもはもともといずれの行もおよびがたき身(私)なのでありますから。                   

合掌
久遠寺住職 山元智



親鸞聖人が「たとえ法然に騙されて念仏した結果、地獄に落ちても決して後悔はしない」と言われた法然上人への信用・信頼は並大抵のことではありませんね。ですが私たちもとても信頼している家族、もしくは先輩・友人の言葉ならそう思えるかもしれません。
また御書という書物にもこうあります。「お念仏候べしこの身は今は年きわまりて候へば定めて先立ちて往生し候はんずれば浄土にて必ず必ず待ち参らせて候べし」と仰って下さっています。先に往生して必ず待っているぞ!との誓いは何にもかえ難い安心ですよね。有難いことです。
そうなると私たちはただただお念仏をして、この身を取り巻く阿弥陀様やご聖人の御心に感謝するのみなのですね



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0   

第9回法話会が終了しました 

みなさま、コンニチワ!

つい先ほど、第九回法話会が終了いたしました。二月で寒い日が予想されましたが、なんともいい日にあたりまして寒くない中でご聴聞して頂きました
そして今日はいつもより多くのご聴聞が・・・嬉しい限りです。人数でないのはわかりますが、やはり多く来て頂けるのは有難いことです。

CIMG0938.jpg

サブテーマ「大安慰に帰命せよ」で今日はお話を頂きました。


 慈光はるかにかぶらしめ

 ひかりのいたるところには

 法喜をうとぞのべたまふ

 大安慰に帰命せよ


現代語訳→阿弥陀如来のお慈悲の光明は、われわれとははるかに隔たった境地から、いつでもどこでも果て無く照らし、その光明に照らされて信心をいただく者は、自ずからみ法を喜ぶ心が得られると曇鸞大師は述べられている。衆生の大きな安らぎと慰めとなって下さる弥陀如来を帰命したてまつれ


今回も、大洋製薬のCMがとても感動するというお話から、「世智辛い」とは凡夫の智慧であり、「八難」の一つであることをお教え下さいました。

休憩後には、先生のご婦人の友人のお話を交えて「親子」のことをお話くださり、いろいろな資料からのご説明を頂きながら、最後に左訓をご説明してくださいました。

法喜・・・歓喜光仏を法喜という、これは貪欲、瞋恚、愚痴の闇を消さん料なり

大安慰に帰命せよ・・・大安慰は弥陀の御名なり。一切衆生のよろづの歎き、憂え、悪きことみな失ふてやすくやすからしむ



ホームページのPDF化が遅れていますが、またこのご法話もPDF化致しますのでしばらくお待ちください。是非、ご来寺にてのご聴聞も心よりお待ちしております



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

明日は法話会。 

みなさま、コンニチワ!


IMG_3347.jpg


明日は一月に一回の法話会が御座います。寒い中でありますが、皆様のご来寺を心よりお待ちしております。
最近、HPのPDFが思ったように進まずご迷惑をおかけしております。HPの更新ももちろんですが、生の声をお聞きになって下さればと願っております

無題

真宗入門法話会 第九回
「和讃のこころ ~大安慰に帰命せよ~」
説教使 岡崎・浄泉寺 戸田恵信 師

午後一時半~午後三時頃まで
聴聞無料
駐車場6台分有


場所 久遠寺本堂

みなさまのご来寺、心よりお待ちしております




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

三回忌 

みなさま、コンバンワ!

今日は、僕のおばあさんの三回忌。もう丸二年も経ったかと感じてしまいました
導師をお迎えし、勤行の後は住職のお話。

「いつも同じことを言うけれども、おばあさんはほんとに有難う、すみませんの人だった」と話しておりました。この有難う、すみませんがなかなか言えないですよね。

相手に有難う、すみませんの気持ちを改めて教えてもらいながら、おばあさんという教えのつながりを大切にしていきたいと思う一日でありました

DSC_0356.jpg

↑おばあさんの着物から仕立てた角掛です。これを見るたびに寺を守ろうとした先代住職夫婦の意思を感じることができますね

頑張ります、この一言につきます



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0