01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

桃の節句 

みなさま、コンニチワ!

もう一月すると桃の節句、三月三日の雛祭りですね。寺にも僕の姉さんたちの雛壇があるんです。と昨年も紹介しました特に寺とは関わりがないのですが、時期を感じるものと思い今年も設置です

IMG_0193.jpg

IMG_3003.jpg

今年はお座敷に設置。昨年は見事に「左近の桜、右近の橘」を逆に設置しておりました。

恥ずかしや、恥ずかしや

毎度母親と話していると、「左近というけど、どっちからみた左なんだろねぇ」とまぁ確かに、と思う話し合いの末、ネット検索によって判別したわけです。

この「左近の桜、右近の橘」。どうも紫宸殿という建物に対して育っているのになぞらえたそうです。


高田派ご本山でも、御影堂の前は柳の木と菩提樹の木が左右になります。向かって、で言いますと、右が柳、左が菩提樹ですね。久遠寺も境内整備の際、そのようにさせて頂きました。もちろん高田派名古屋別院でもそのようになっております。

小さいころから、高田派の寺には「柳」と「菩提樹」があるんだぞ、と教えてこられました。が当時「柳の木」はありませんでしたし、「菩提樹」も本堂前にひっそりとわからないくらいでありました。

ですから、整備の際、これはいい機会だとご本山に習わせて頂いたんですね


なぜ柳と菩提樹なのかは、高田草創の伝説からきているんです。これはまた別の機会にお話しさせて頂きますね




ではでは、ご来寺下さいましたら、こちらのお雛様たちも是非ご覧くださいね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 趣味

tb 0 : cm 0