02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

あなたたちは一人じゃない 

みなさま、コンニチワ!

タイトルは、僕がよく見させて頂くブログに掲載されていました。特に理由はありません。



ただ見て頂きたい。。。。



感じることは人それぞれかと思いますが、とにかく見て頂きたい。そこで感じたものを大切にして頂きたいです

http://www.youtube.com/embed/IxUsgXCaVtc

それでは失礼します。



南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

高田本山専修寺による義援金募集 

みなさま、オハヨーゴザイマス!

下記の通り、高田本山より義援金募集が行われています。気づくのが遅く申し訳在りません。16日には立ち上がっていたようです

以下、高田本山HPより引用↓
「東北関東大震災により被災された皆様にお見舞い申し上げます。

真宗高田派宗務院

当派では、このたびの災害に関する義援金を下記の口座にて募っております。
皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

加入者名 高田派本山専修寺 財務部(タカダホンザンセンジュジ ザイムブ)
郵便振替口座 00150-0-15194

※振込用紙の通信欄に必ず「義援金」と明記くださるようお願いいたします。

※お預かりした義援金は運営委員会にて審議のうえ、関係機関にお届け致します。
 配分につきましては、後日、当Webページまたは宗報にてご報告いたします。」





各ご寺院、ご同行、壇信徒の皆さまの暖かいご支援を心より宜しくお願い申し上げます
当寺も僅かながら支援させて頂きます




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

物資支援へ・・ 

みなさま、コンニチワ!

地震発生後、心に重くのしかかるものがあります。「何かできないか」新しい情報を見るたびにこれならできるんじゃないか、など問いかけの毎日です。そこで、東海テレビをたまたま見た時のこと。

名古屋市は物資支援は基本的に行っていないが、各企業ごとで回収している会社もあると。そこで広告していたのが東海市の新日鉄でした。「ほんとうかな」とHPを見てもそのようなことは書いていないし。半信半疑の中、朝のNHKで東海市が被災地に向け物資支援を行っているというニュースがあったので「東海市」を検索↓

http://www.city.tokai.aichi.jp/
ヒットしました。
どうやら物資支援を新日鉄の体育館で行っているそうです。今日はちょうど刈谷の方までお月参りだったので早速車に積み込みました。

IMG_4501.jpg

何をこんなに、と思われるかもしれません。積み込んだもののほとんどは、タオルやタオルケットなどです。


これ実は、みなさまのご法事など頂戴しました大切なお引物などです。どうしようか、住職と坊守と、嫁とも相談しました。せっかく頂戴したものを、中には自分たちでは買えないものもあります。
しかし結論として「少しでも助けになれば」との願いを込めて、またこの被災に対しての物資なら許して頂けるのではないだろうかとの頂戴した皆様への甘えもあり、積み込ませて頂きました。申し訳ありません

しかし、これだけの物をどうやって運ぼうと考えながら向かいましたが、そんな心配はまったく要りませんでした。

IMG_6165.jpg

ここには新日鉄の方々が補助員としてどんどん運んで行ってくれます。大変助かります。3人ほどの補助ですぐに運んで頂きました。

何よりここにはひきりなしに車が入れ替わり、少しでも助けにと自分にできる範囲で物資を持ってこられる方が大勢おられまたことになんだか気持ちが和みました。

条件に合うものが最低でありますが、是非時間の余裕があり、物資支援もという方は訪ねてみてください。他にもヒルトンや福祉系、くるま屋さんまで物資支援を始めているそうです。いろいろ探されてみるとヒットするのではないでしょうか。

一刻も早く事態がおさまるのを願うばかりです



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

第十回法話会~仏法不思議~ 

みなさま、コンニチワ!

先日、第十回法話会が終了いたしました。寒の戻りにも関わらずご来寺くださった皆様有難うございます。

いつつの不思議をとくなかに
仏法不思議にしくぞなき
仏法不思議といふことは
弥陀の弘誓になづけたり
「高僧和讃曇鸞釈第十三首目」

法話はやはりこのお言葉から始まりました↓

「たぶん住職様からお話があったのではないかと思いますが、大変なことが起きてしまいました。地震、津波そして原発事故と次から次へとここまでそんなことが起きてくるのかと、11日からテレビ新聞を見るたびに胸が張り裂けそうな気持ちになるのですが、何にもできない私、情けなくなり思います。言葉にならない、どうしたらいいのか。
いろいろ考える中、僧侶とは何ぞやと考えさせていくと僧侶の仕事はただ一つ、仏徳讃嘆であります。仏の徳をともに聞き、ともに慶び、そして伝えさせて頂く。これしかない。どんな状況になろうともこのことを命ある限りやらさせて頂くしかないと改めて考えさせて頂くことであります。」

このようにまず初めにお話下さいました。今回の地震のことを本当に重きにしながら自分のできることはなにかを私たちにお伝えくださり、ご法話が始まりました。

自分たちの不思議と感じることと、仏教での不思議のお話からスタートしました。

不思議=不可思議で、これには五つあり、

衆生多少不可思議→生きとし生くるものの不思議
業力不可思議→生活そのものの不思議
竜力不可思議→自然の不思議
禅定力不可思議→精神の不思議
仏法不可思議→私たちが仏になるという不思議

と譬えも交えながら不思議ということをご説明くださり、その中でも仏法不思議、一番の不思議はこの私が仏様にすべてお任せすることによって仏になるということがなにより不思議なのであることをお話下さいました。


後半部では、

「世の人、薄俗にしてともに不急の事を諍う」『仏説無量寿経巻下』

からのお言葉を頂戴しました。簡単に述べますと、世の中の人は、とても薄っぺらくて俗であり、みんな急がなくてもいいことを問題にしている。ということであります。
自分の今の姿と照らし合わせると心苦しいお言葉ですね。しっかりと受け止めたいと思います



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

お手植えの桜 

みなさま、コンニチワ!

地震による被害は広がる一方で原発などの二次災害まで事態は深刻化しています。現地で奮闘されている方々には頭が下がるばかりです今はなんとかなんとか耐えて頂きたいと思います

こんな時にブログとも思うのですが、被災地の方々の悲しみを同じようにもてるわけでなく悲しさだけで他のことが手につかないのはいかんと思い、いざ自分がなすべきことがある時に判断できるように、また周りの僕らが元気でなくては被災地の方々を元気つけることなんてできないと思いますので、通常通り記事を書いていきたいと思います

こんな大災害の中でありますが亡くなるいのちが多い中、生まれたいのちもあったそうです。本当によかった。出産のために実家帰省した先での出来事。地震直後に陣痛がきたそうで、ただでさえ出産は大変なのに環境も整わない中よくやられたと感服するばかりです。救われたいのち、有難いことです

私事でありますが、うちの子も来月で一年。

住職夫婦が出産の記念に、一歳の記念にと桜を境内に植樹してくれました。

IMG_4812.jpg

子と桜とともに元気に成長していく姿を願って祖父母の願いも親の願いと一緒ですね
有難い、有難い。

でも最後に「久遠寺第十八世元智住職によるお手植えの桜だなっ!!」と植樹の功績を自ら讃えるように言っておりました・・・・



明日は月に一度の法話会です。
今生かされていることに気付いた今こそ是非ご聴聞くださいませ。みなさまのご来寺を心からお待ちしております




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0