05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

研修旅行~広島~ 

みなさま、コンニチワ!

昨日一昨日と住職にすべてのお参りをお願いして、研修旅行へ行って参りました。毎年この時期に一度行くことになっているんですね。そして、行先は「広島」。僕自身は修学旅行などで行ったことがなく初めての広島でした。
そして今回は大役が・・・幹事というお仕事を頂き、お連れのみなさまにできるだけ不快な気分をされないよう細心の注意を払って旅行に臨んだわけです。

今回、僕が幹事ですので行先も決めれるわけです。ですから「広島」は僕の決定であって行きたいところをギュウギュウに詰めれてしまったんですね選んだ理由は、「安芸門徒」と言われる真宗教団の中でも特に熱心な場所を訪ねること、そしてもうひとつは66年前の歴史をこの目で見てみたかったこと。

どれも行程の中に組み込ませて頂きながら一日目、二日目と過ごさせて頂きました。

DSC_0429.jpg
↑このお寺が中国地方に初めてできた真宗寺院。すごく立派で整備もされている。ただ残念なのが無住ということ。時代の移り変わりを感じさせられ、自分たちの目の前にもそういう状況があるということを考えさせられました

DSC_0448.jpg
↑これが安芸教区広島別院さん。若い職員の方でいろんな方の出入りも非常に多く活気のある別院さんでした。この別院の沿革もお話頂き、被爆した石塔なども見せて頂きました。

そして
DSC_0505.jpg
今までは映像からしか見たことがなかった本物の原爆ドーム。記念公園を歩いて資料館も拝観しました。今まで実感することが出来なかった戦争のつらさ、悲しさがいっぱい詰まった、そしてそれでもなお戦争は絶対おこしてはならないという思いが伝わる資料館でした。やはりここは修学旅行生も多かったですが必ず一度は見なくてはいけない場所と思うばかりでした

DSC_0528.jpg
被爆建物だけでなく、被爆植物というのがあるのも初めて知りました。原爆投下後その地域には75年は植物は生存できないといわれたそうです。しかし、新しい芽が出たとき、それは広島の人々をないより元気づけたそうです。そんな力強さを残した被爆植物、今も広島で生き続けています。

そして研修ばかりでは、疲れてしまうのでこれも絶対食べたいと思っていた「広島焼き」。これはおいしかった、おなか一杯になりました
写真 11-06-29 12 12 30

他にも宮島へ渡り、世界遺産『厳島神社』を見に行ったりしました。二日間の行程、幹事をしながら無事終えれたことが何よりです。だから今日は割とクタクタなんですね~でも楽しくていろいろ考えれた二日間でした。旅行に行けたことをみなさまと住職に感謝です




それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 研修

tb 0 : cm 0