09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

初めての雅楽体験 

皆様、オハヨーゴザイマス!



昨日の夜、先日お伝えした雅楽体験に行ってきました。僕は昔から体を動かすことばかりで楽器など触れたこともない人間、音感とかすごく自信がないんですね
けれども開催者の蓮教寺さんが熱心に声をかけてくれたのでとりあえず、という気持ちで参加したんです

ですが、やってみての率直な感想は『楽しいがや、これ・・・っ!!

まず何だか超初心者でも非常に入りやすい雰囲気がいい(先生方が若いし、とてもやさしー)、どの楽器も体験させてもらえる、そしてやってみて音が出た時の喜びが何とも言えないっ!て感じなんです
譜面的なものは慣れがいりそうですが、基本は暗譜してしまうそうでそんなに心配だはいないそうです。僕なんかはドレミファソラシドもよくわからないので、感覚でできそうなのもまた魅力の一つだなぁと感じていました。

ちなみに上の写真の楽器が篳篥(ひちりき)と言って、本物だと10万円と高価なものらしいですが、別にプラスチックでできたものもあるらしく5000
円程度からあるそうです。他の楽器(リュウテキやショウ)は高価ですが手軽に始めるならコレ!て感じみたいですね。



特に蓮教寺さんが言われていたのは、楽を始めると腹式呼吸がお経様につながる、伽陀などの音感がつく、そして寺坊のお勤めに生の雅楽ができる、という超メリットを教えてくれましたもちろんお檀家さまでも雅楽ができると法要に参加して頂けますし、わざわざ外から雅楽団を呼ばなくても身内だけで済んでしまうということも仰っていましたねそうなるとそれはいいなぁと言うのが率直な気持ちです

皆様もどうですか?一度体験してみるだけでも必見ですよ次回の体験会はまだ未定ですが興味があられる方は是非体験してみて下さいね

直接連絡をとられる方や興味がある方は是非覗いてていて下さいね
龍鳴会 http://www.ryumeikai.org/

それでは失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 2   

教津坊様 ご遠忌並住職継承法要 

みなさま、コンニチワ!

今日は晴天!法要日和!そんなすごーくいい日に教津坊さまが親鸞聖人750回ご遠忌並びに住職継承法要を勤められました。今回、僕も知堂としてお招き頂き、微力ながらお手伝いさせて頂きました。隣には、法話会でもお世話になっているTさまがおってくださったのでとても安心してお勤めさせて頂きましたよ

写真 11-10-29 9 04 50


午前十時半から始まったお勤めにも、満堂となるご同行の方々。境内にも椅子席がいっぱいあったのですが、これもきっといっぱいになっているだろうと思うくらいのお勤めとなっておりました前住職さまも、まだまだ頑張る意気込みを語られておられましたし、新住職さまも表白で住職となる重責を感じられながら勤めていく所信をみなさまに発信されていました。何より前坊守様、新坊守様もまたご親戚一同、お着物を着られながらもあっちへこっちへ一生懸命法要をお勤めあげようと動かれているのが印象的でした。なんだかこういう法要ていいなぁと心底感じながら時間が過ぎていった感じです。

さらにお食事を頂戴した後、大治太鼓のイベントが本堂ぬれ縁で催され、これも大盛況。境内に椅子が並べられ椅子もいっぱいになるくらいご参詣の方々は見ていかれ楽しまれていました

写真 11-10-29 13 14 20

いやぁ、太鼓は何か鼓舞するものがあるんでしょうね。楽しいし、やりたくなります

写真 11-10-29 13 23 13

ほんとにいい法要にお招き頂いて大満足でした。有難うございました
久遠寺もご遠忌計画をしていかなくてはなりませんね



それでは失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 1   

見分けがつかず 

みなさま、コンニチワ!

先日、お参りしたお宅で驚愕したんです!

写真 11-10-27 9 32 20

これ、生花ですかね?造花ですかね?



実は、造花なんです。写真だとなんとなくそう見えてしまうかもしれませんがこれにはほんとビックリしました。生き生きしてる感じより少し弱った感じがまた造花っぽくないんです。この造花、お話を聞かせてもらうと趣味で造られているとのこと。ですが、この作り方は親さんから教えてもらって今自分がコツコツとお世話になった方にあげているそうなんです。これをみて、欲しくなる方も多いそうで注文が殺到しているとのこと。製作者はすでに80歳を超えられているそうで、よく作られるなぁとビックリするばかりです。
最近造花でも作りのいいものが多く、見分けがつかなくなってきました。造花ならば、水も変えなくていいですし、腐ることもない。そしていつまでもきれいな状態を保ってくれる。こんないいことづくしなことはありません。

ですが、お仏壇に限ってかもしれませんが、やはりお花のきれいさにお浄土を荘厳さ見させて頂き、その朽ちていく姿に我が命を見させて頂くことも大切なことのように思います。夏は頻繁に変えなくてはいけませんし、水は腐るととても臭いです。華瓶をきれいにすれば水垢も年々ついてきますし、置いている台の漆も弱ってきます。買うとなればお花は高いものですし、生活していくうえで都合の悪いことをあげてしまうときりがありません。がいのちというものは支えがないと続かないものと、いつかは果てるもの、そして使えば使うほど経年による渋さもでます。さらに高いお金を出してお花を買うことが出来るという人生の喜びも教えてくれるのではないでしょうか

利便性のみ追求したら、効率の悪いことばかりをしているかもしれません。ができることならお寺の仏花だけは生花で通したいものだなぁと改めて思ってしまいました
でも、このお花の造りは素晴らしいものでしたよほんとにお願いしてお仏壇にほしいくらいのものでしたし


だらだらと書いてしまい、申し訳ございません。

それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

組内報恩講 大圓寺様 

みなさま、コンニチワ!

つい今しがた組内のお寺さまの報恩講に出勤してまいりました。組(そ)というグループ内で報恩講をお勤めする習いがあり、久遠寺の報恩講にも来て下さるお寺さまなんですね。久遠寺がトップバッターなので今後何ケ寺のお寺の報恩講をお勤めするわけです。

そこで今日は組内では二回目の報恩講。大円寺さまへお参りしてきたわけです

写真 11-10-27 12 18 16

ここのお寺は、庭はもちろん芝もきれいにしてありますし、離れの書院・お茶室などあり非常に立派なお寺なんですね。お参りする度感じさせてもらいます。そしてこの晴天。ご住職のお人柄のようなさわやかな天気で報恩講をお勤めされました。お勤め前には、おいしいお茶を頂き、お勤め終わりには、坊守様の楽しいお話を聞かせて頂きました。なんだか報恩講ということで、参詣の方々やご寺院の方々すべての方々が喜んでおられる雰囲気がにじみ出ていたように感じます。

また、ここの報恩講は、楽人さんも入られ盛大にお勤めされます。うらやましい限りです

僕なんかは超若手なので勉強させてもらうことばかりで、毎年お伺いをさせて頂いております。11月は報恩講シーズン?各寺院いろいろ回らせて頂けるので有難いばかりですね

また報恩講がお勤めされましたらレポートしてみます



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

滑らず・・・ 

みなさま、コンニチワ!

久遠寺書院が経ってからもう40年少々。まったく触っていなかったであろうお手洗いの戸の滑車があまりにも動きが悪いので修理しました

写真 11-10-26 13 15 21

釘で押さえてあるため、なかなか取れずマイナスドライバーを駆使してやっとの思いでとることが出来ました。

写真 11-10-26 13 15 40

実際全く回らず、これでは戸を開ける際大変な力を要するだろうと想像し、新しい滑車を取り付けました。
そうしますと、やはり変えただけあってすっーーーと動くようになりました。いやぁ、よかったよかった

写真 11-10-26 13 21 16



住職と話をしていると、昔はよくこういう滑車は交換したそうですね。





それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0