10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成23年10月の法語 

みなさま、コンニチワ!

もう11月なんですね、うっかりして10月分の法語アップを忘れていました。すみませんです

201110.jpg

「雑行を棄てて本願に帰す」


雑行とは、正行に対する言葉であります。正行とは、「正行即ち正業なり。正業即ち正念なり。正念即ち是れ念仏なり。即ち是れ南无阿弥陀仏なり」とありますように、南無阿弥陀仏の教えなんです。そこで雑行とは南無阿弥陀仏の相反する言葉、南無阿弥陀仏の教え以外の行を指すわけなんですね。

その雑行を棄てる。棄ててどうするかというと本願に帰す、わけです。
本願とは阿弥陀様の願いであります。その願いが南無阿弥陀仏というはたらきとなり私たちのもとへ来て下さっている。つまり南無阿弥陀仏の教えに帰すわけです。帰すとは任せると捉えてもらってもいいかと思います。

総じますと、南無阿弥陀仏の教え以外の行を棄て、南無阿弥陀仏の教えのみに我が身を任せる、という具合になるのではないでしょうか。これには通常の善行が流行る時代に生きた親鸞聖人の並々ならぬ決心と自分で生きているいのちではないと目覚められたお姿が垣間見えます。我が身の中に真実の光が射し、迷いの心が消え、もうすべきことは無く、後悔はしない心の転換なのでありましょう。

短いお言葉でありますが、「雑行を棄て本願に帰す」には大変なお心が込められているのだと思います。


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0