10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

第16回法話会終了 

みなさま、コンニチワ!

今朝方から本格的に冷え込みが始まりましたね。風邪など引かないようにしてください実はうちの子、二日前からばっちり風邪をひいております。そんなことを法話会前に皆様に話ついでにお伝えしたら
「子供の風邪は親の責任だぞっ。」と言われてしまい、痛いところを突かれまくりのお言葉を頂戴しました。仰る通り、次からは引かせないよう肝に銘じて子供の健康管理をしたいものです

そして法話会が終了しました。寒くなったせいでもあり急いでストーブ準備

写真 11-11-16 8 02 39

ストーブがあるにもかかわらず、さほど暖かさを感じない本堂で聴聞させて頂きました隙間がひどいですからねぇ・・・・

今日は、「王舎城の悲劇」をテーマにお話下さいました。
まず王舎城の悲劇とは、どこにあるのかということをお話下さり、仏教の根本的な教えである三法印のことからご説明頂きました。
三法印とは、諸行無常・諸法無我・涅槃寂静の三つのことで常ではない、すべてに不変はない、そして悟りの境地は絶対安定であるということを分かりやすくお教え下さいました。
そして、テーマである「王舎城の悲劇」はご法事の時にあげる浄土三部妙典(仏説大無量寿経・仏説観無量寿経・仏説阿弥陀経)の仏説観無量寿経の中でのお話であることをお教え下さいました。

続きに浄土三部妙典をなぜお勤めするのか、という疑問点を簡単に理解できるように譬えを出してくださいました。

写真 11-11-16 15 48 09

ふむふむ、なるほどわかりやすい。

そして観経和讃に順じて、イラストを交えながら「王舎城の悲劇」とはどういうことだったのかを教えて頂きました。

写真 11-11-16 17 05 52


今日はあいにく寒くなったせいか、ご聴聞が少なかったにも関わらず、いつもと変わらない熱い口調で先生は私たちに語りかけてくださいましたよいつご聴聞されても聞きやすく、ご聴聞後には気分爽快な気持ちになれるかも?です是非今年最後の法話会にご来寺下さいますことを心よりお待ちしております。

無題


真宗入門法話会⑰
『和讃のこころ~龍樹菩薩』
布教使 岡崎・浄泉寺 戸田恵信師
12月20日火曜日
午後一時半~午後三時頃まで
※聴聞無料・駐車場6台有



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0