12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

おとしだま 

みなさま、コンバンワ!

久々のブログです。三が日はのんびりさせてもらいました。があまりにものんびりしすぎたか、子供が正月疲れから発熱に見舞われ、ちょっとしたお正月病院やってないじゃん騒動になってしまいました。日ごろ体調を見ているつもりでも、ちょっとしたことで急に体調が変わってしまうんですね。ほんとびっくりでしたおかげさまで回復むかっていると思います

そして、みなさまもこのお正月どれだけのお年玉をだしたことか・・・。
僕自身ももらう方から出す方になってもう十数年以上。もらえることの嬉しさとあげる側の厳しさを毎年痛感しております。今年も自分の甥と姪、嫁さん親族の甥や姪など十数人にあげたこと間違いありません。まだお互い小さい子ばかりですが、もう数年したら大変なことになること必須です

それでも年末にお檀家様のお一人にびっくりしたお年玉のお話を聞かせて頂きました。
いつもながら、
「来年もお年玉だいぶご用意されてお孫さんたちにあげるんですよね?」
とお聞きしたらその方のお答えはこうでした。
「孫には僕からはあげないよ」と。
「おっ?」と思いお話の続きを聞かせて頂くと、
「僕は孫にはあげない分、自分の奥さんと息子の嫁さんにあげるんだ。しかも現金だと家計とかのヤリクリなんかに使ってしまうだろうから商品券で僅かながらあげるんだよ。」と。

奥さんやお嫁さん、家をいつも守り立ててくれる女性陣に気持ちの形として出される姿勢に「おぉっすごいっすね~っ!!」びっくりするばかりでした

ですから僕も真似してみたりしてみて・・・

このお話の後に付け加えて、、、こうしておくと少し株があがるんだとも言われていましたがですが、普段感謝の気持ちもあまり表していないので、そういうこともほんといいなぁと思いましたね

↓寺のジイジが孫にくれたお年玉。ちゃんと貯金しておいて、いつかそのまま譲ろうかなぁ?まぁ、これから考えよう、て感じですね

写真 12-01-05 15 06 20



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 未分類

tb 0 : cm 0