12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成24年1月の法語 

みなさま、オハヨーゴザイマス!

早いもので新年を迎えてからもう一か月が経とうとしています。なんだか毎日毎日を大切に過ごしていかないとほんとにあっという間に月日が経ってしまいそうなスピーディな月でした

201201.jpg

一月の法語カレンダー掲載のお言葉です。
「摂取の心光 つねに照護したもう」
このお言葉、なんだか記憶にありませんか?よくお勤めされている『正信偈』』の一句なんですよ。
「摂取心光常照護」
こういうとお分かりかと思います。比較的というか正信偈の初めの方に出てきますね。

いつもながら、難しくは解説できないのですがイメージ的にお伝えできればと思います。
摂取の心光とは、仏様の摂取不捨のおこころ・お導きのことであります。仏様は私たちをすべて救いとり、誰一人救い漏れる者がいないと誓って下さっております。その誓いが叶わない時、仏にはならないと言われるほどです。そう誓われた仏様が仏様になっているという事実は、この救いは叶えられた、必ず叶うという絶対性があるんですね。
ですから、私たちは仏様の摂取不捨のおこころにより救われることは絶対なんですね、有難いことですね

そして、つねに照護したもう。つねに何時も休むことなく、必ず救うぞとの光を私たちに照らし続け、護っていて下さる、との解釈がなると思います。

このように分解していくと、最終的にいつも同じような結果になると思うんです。

仏様はすぐ近くにおられ、私たちを見捨てることなく必ず救って下さる。それに一番気付いていないのは、私たちなのではないでしょうか?ということなんです。
ですが、仏様のおこころを頂戴したら、有難いことだなと気付いた時だけでもご自宅のお仏壇や菩提寺の仏様に手を合わせることもいいのかと思いますどうにもこうにも目先が気になり忘れてしまうのも私たち人間なのですから



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0