01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

ハプニング 

みなさま、コンニチワ!

昨日今日と寺で葬儀が勤められました。その中でこんなことも起こるんだという出来事。
住職が導師、僕が役僧を勤めさせて頂きました。住職とお勤めするのは久しぶりなのですが、ここは親子のいい点。お互いに癖がだいたいわかっているので難なくお勤めが進みます。

ですからいつも通りと言うべく、棺前勤行を勤め、転座。導師焼香・表白まで終わりました。
その後は正信偈。ご唱和し終わり、最後に三重念仏一首和讃をお称えします。住職と一緒に読み上げているその瞬間、

「ズドォォォォッンッッ!!!!」

ものすごい音がしたんです、何かとはっとすると住職が尻餅をついている??なんのことかと騒然となる堂内。

「どした、どした!!!」と読経中にも関わらず、みんな住職のところに集まります。
よく見てみると↓

写真 12-02-03 14 36 03

キョクロクと呼ばれる導師が坐す椅子が破れている・・・・

底が抜けてしまったようですと住職は大丈夫か?と思って住職の方を見ると、何とか大丈夫な様子。上手にもろに尻餅をついたようで、頭や腰には負荷がこなかったようです。

そして、すぐに気持ちを切り替え、すぐさま続きから読み上げなおしました。「おぉ、この姿勢は大したもんだ」と息子ながら感心しておりましたが、体がなんともないことは本当によかった、一安心です。
このキョクロク、寺葬儀の為に、ずーーーっとしまってあったのですがあまり使用することもないので品質管理ができていなかったみたいです。こういうのも壊れることを見越しておかないとダメなんですねチェック不足でした

とにかく住職に何ともなくてよかった。住職曰く、「俺は最近ついてない」とボソっと言っておりました
この記事を読まれたお寺様方、お気を付け下さいね。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 2