03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

次は50年後 

みなさま、コンニチワ!

本日で4月6日からスタートしていた『開山聖人750回遠忌報恩大法会』が終了です。10日間にもわたる大法要、過ぎてしまえばあっという間だった気がします。今回出勤はできませんでしたが、このご縁に遇うことはできたので大変嬉しく思っております。今度は50年後、僕でさえ84歳。生きていればの話ですが。先の話を始めればきりがないですが、50年後、100年後につなぐ大法要の意志を崩さないように今後も精進して参りたいと思います

終わってとくに変化はないのですが、今まで一年と少し?あまり記憶にありませんがずっと車に貼っていたご遠忌のマグネットをはずすこととなりました

写真 12-04-15 7 00 22

信号待ちの間に必ず読まれていただろう、このマグネット。カッコよさはイマイチでしたが、我らが戸田先生のお勧めの品、欲張って二つもつけていました。とくに意味はないのですが・・・ですが、長くつけていたこのマグネットも今日限りで外させて頂きました。このマグネットのお蔭で多少?運転が抑えれた気もします今後は気持ちはちゃんと貼っているように安全運転に努めたいと思いました

写真 12-04-15 9 07 02

いざ外してみると汚れの縁取りが・・・まずは洗車ですかね。明日か明後日にでもしてみようと思います。

「聖人のみもとに帰ろう」。多くの先生方がこのスローガンをご説明してくださり、また自分の胸にも問いかけて参りました。今後、念仏者として歩む自分のこころの引出にしっかりとしまっておきたいと思います。もちろんちゃんと引き出せるように
この50年に1度のご縁がただの法要とならぬ様、手を合わせ「南無阿弥陀仏」のこころをしっかりと伝えていきたいと思います



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 本山

tb 0 : cm 0   

八重桜が咲きだした! 

みなさま、コンニチワ!

雨男のコボーズです今日は晴れて気分がよかったですね、お仕事もしやすい季節。境内をふと見てい見ると八重桜がタワワに咲き出しました

写真 12-04-15 7 40 45

花が重すぎて上を向けませんですが一輪一輪がとても優雅に咲き誇っております
そして久遠寺にはこんな八重桜もあるんです

写真 12-04-15 6 56 55

写真 12-04-15 6 56 42

黄色というか緑というか表現には困るのですがようやく何輪か咲き出しました。もう二三日で満開になること間違いなしこの桜、御衣黄桜というらしいです。最終的に少しピンクがかって花ごと落ちてしまいます。
ほんとかうそか、先代が「親鸞聖人お手植えの桜」と言っておりました。何かこの御衣黄桜と関係があるのですかね?ですが、歴史的に何かしら関係がある桜なら寺としても喜ぶばかりです。ほんの数日かと思いますが、もしご来寺のタイミングがあったなら是非ご覧くださいね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

稚児行列 

みなさま、コンニチワ!

今日はまたもや雨でしたそしてその中ご本山まで行き稚児行列に参加してきましたワタクシであります雨男決定ですね・・・

ですが子供本人も初めての稚児行列。それをご遠忌で迎えれたことは本当にうれしく思います。今年はもう一つ行列を予約しておりまして、いつもとてもとてもお世話になっている定例法話会の先生・戸田先生のお寺のご遠忌なんです。これはこれでまた後日報告させてもらいますね

先述通り、雨でしたので行列も屋内で行われました。

DSC_0074.jpg

参加人数もさることながら雨の中行列に参加された子供さん、親御様本当にお疲れ様でした自分も親になり行列に並んで歩くだけでも大変ということが痛いほど分かりました・・・
そしてこの行列を取り仕切られたご本山関係者の方、また高田短大?の子たちのお蔭で滞りなく行列に参加できましたことを有難く思います

うちの子供も如来堂で折り返した際、「まんまあ~ん!!」と今まで暴れていたのがウソのように手を合わせておりましたその後、如来堂を走り回ったことは間違いないですが・・・でも親としては嬉しい一時でした

そうそう、行列の途中で当寺の写真もありましたよ。これ、ご遠忌に合わせて各寺に募集が来ていたんです。一枚の写真で寺を表現するのは非常に難しいですが、やはり本堂と参道が一緒に写る境内角度で撮影させて頂いたものです。以前ブログにも掲載させて頂きましたので、是非見てみてくださいね

DSC_0103.jpg
どこに久遠寺があるか、お分かりですかぁ~??

今日は雨にはなりましたが、このようなご縁を頂き、本当に寺族一同喜んでおります。寺にも戻ってからは子供の着物姿の写真を住職に見せながらお話させて頂きましたやはり孫にはデレデレのジイジがそこにはおりました


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 本山

tb 0 : cm 0   

名札 

みなさま、コンニチワ!

三月頭にご本山から頂戴してまいりました「蓮」たち。それぞれに名前があるのですが、そのまま放置していたのでちゃんと名札を付けてみました

写真 12-04-10 12 54 11

大きなくくりでは花であり、その中の蓮、そして区別するために名前があります。
私たちも人間であり、大人であり、男であり、名前がある。「おい、そこの男!」では誰も立ち止まりませんもんね。みなさまに蓮という中のこういう蓮があると知って頂ければ蓮も喜ぶのではないでしょうか

けれども、蓮自身は自分の名前などしらなくても、目いっぱい育って花を広げてくれるに違いないとも思います自分の役割は分別や型だけでなく、ただこのいのちを一生懸命生きていることが大切なんだと知らせてくれる蓮の気持ちを垣間見れたら幸いです


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

開山聖人750回遠忌報恩大法会 久遠寺檀信徒団体参詣 

みなさま、コンニチワ!

昨日、花散らしの雨が降る中ご本山でお勤め中の『開山聖人七百五十回遠忌報恩大法会』にお参りしてきました!

DSC_0594.jpg

雨のせいか境内には人気はあまりなかったのですが、御影堂の中は満堂!さすがご遠忌という雰囲気でした

写真 12-04-11 10 52 01

この日は真宗十派の各ご門主さまが聖人の御前で直接ご焼香下さる「ご直香」の日。なかなか見ることもできない各派ご門主さまたちをたった30分くらいのうちに見させて頂けたのは大変貴重な体験でしたそしてお勤めが終了し、すかさずご法話へ。久遠寺檀信徒のみなさま全員ちゃんと法話まで聴聞して下さり、僕自身は心の中で鼻高々でした「聞」から始まる宗教ですものね、しっかりご聴聞して下さったことかと思います。

そして、昼食。他の団体様は関ドライブインへ向かう中、久遠寺では檀信徒の村田様経営の大須「八起」様から弁当を早朝に作って頂いたのでそのお弁当と皆様とともに休憩所テントで頂戴しましたこのお弁当がものすごく好評で、みなさま本当に喜んで食べてくださいましたよ僕もおなかが減っていたので全部食べてしまってから・・・・・「あっ写真撮るの忘れた・・・・」ということにやっと気付く始末。けれども早く食べきってしまうくらいおいしかったんですよ~お見せしたかった

そして、天候の都合ということで散策兼自由時間をほんの少しだけ取らせて頂きバスへ乗車。乗車中にご本山から懇志をあげた団体のみ頂戴できるという記念を皆様にお配りしましたこれがなかなかおもしろいんです。

写真 12-04-11 16 17 52

平治煎餅で作られたご聖人さまのお煎餅。ある人から言わせると「恐れ多くて食べれない」シロモノでありますでもなんだか心温まる記念品でバスの中は盛り上がっておりました

帰路の途中で、いつも通り関ドライブインでお土産散策。少し時間を長めにとってのんびり過ごしてもらいました。一緒に行かれたおばあちゃんも「バスから降りるとつい買っちゃうから降りんっ!」とずーーーとバスにおられたかもおみえでしたね本山で買わないとこうと心に決めていたのについ買っちゃったのでそういう結末になったそうです

こうして無事雨にも関わらず、団体参詣を終えることが出来ました。しかしこれには会計をして下さった役員の方、旗持ちをして下さった方、自主的に団体の先頭、中間、最後尾とまとめって下さった方、そして何よりご参加下さった方々がちゃんと時間を守り、自主的にすべて動いて下さったので何事もなくお参りすることができたと思います。とても僕一人の力ではできないこともみなさまのお蔭で上手に運ぶことができました、本当に感謝しております

結局のところ、雨でしたのでご本山では集合写真が撮影できませんでしたですが、僕も諦めが悪い方でそうなる前提で出発前に撮影しておいたんですね、集合写真これはこれで雨の日に参詣に行って撮影することが出来なかったという思い出に残っていいかもしれませんね

DSC_0592 - コピー

50年に1度の法要のご縁に皆様とともにお参りできたことは本当に有難いことと思います。また今回参加できなかった方も次のご縁に是非参加して頂きたく思います本当に尊いご縁を頂きました、南無阿弥陀仏


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 本山

tb 0 : cm 0