05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成24年6月の法語 

みなさま、コンバンワ!

201206.jpg

明日から七月ですね、お月参りに伺っても皆様揃って「もう今年も半年経ったんだね、早いねぇ」と言われるくらい。確かに早いですね、月日が経つのは。ただ一日一日みんな同じように流れる時間、大切に過ごしたいばかりです

六月の法語は
「ただ如来にまかせまいらせおわしますべく候う」

単刀直入のようなお言葉ですが、僕なりに頂きたいと思います
簡単に述べてしまえば、仏様にただ任せましょう、という話かな、と思います。がここにはこのお言葉を言われた時代背景も関係しているかと思います。

親鸞聖人が布教された時代は、他の宗教もあり、南無阿弥陀仏を称えても間違った意味でとられることもあり、と大変な時代でもありました。現代でもそれは否めませんが。その背景をただすべくこのお言葉が出たのではないでしょうか。

ただ任せる、こんな簡単で難しいことはないかと思います。
私たち人間は疑う心をもつもの、なかなか真に任せることは難しいものでもあります。そこを知りながら親鸞聖人はただ任せようと敬いをもって言われるのです。
それくらい強い影響をもつ如来様のはたらきとは、「ただ我に任せよ」の南無阿弥陀仏でしかありません。

今、私たちは自分自身に「我に任せよ」の気持ちを多く持つことが多いかもしれません。しかし、ただ我がいのちの存在(生きると死ぬの先にどうなるか)を知る時、仏様の「かならず救うぞ、我に任せよ」の呼び声は絶対安心の受け口に他ならないのではないでしょうか。

この「ただ如来にまかせまいらせおわしますべく候う」は、親鸞聖人からの「安心しろよ、仏様がついている」との現代人へのダイレクトメールのようなものと思いますね

ありがたく頂戴致しましょう。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

初稽古見学 

みなさま、コンニチワ!

今日は日差しが厳しい日です、熱中症などにも気を付けてお過ごしくださいね

暑い日にも拘らず、自転車に乗って子供と稽古を見学に行きました。
近所にあるんですね、稽古場が

写真 12-06-29 9 24 50

そう、徳源寺さまの境内にある『九重部屋』見学です。
名古屋場所が始まるに当たり、名古屋各地で部屋が設けられている様子。僕自身は相撲はあまり興味がなかったのですが、子供が「ノコッタ、ノコッタ」とよく遊ぶので連れて行くことにしたんです。

いざ、行ってみると結構な人数。
間口も開放的でとても見易く見学することができました。

いやぁ、けれども生は迫力がありますね子どもも目をキラキラさせて見入っておりました。ただ大騒ぎできる雰囲気ではなく、真剣な厳粛な空気が流れていましたよ。ついでに境内で少し遊ばせて頂いたのでこちらとしては一石二鳥でラッキーでした

午前中は稽古しているそうなので是非時間がある方は寄られてみても面白いかと思います



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

最近のお休み 

みなさま、コンニチワ!

次男坊が生まれてから長男坊の世話(遊び)をすることが多くなりました。最近は時間があればすぐ出掛けるのが動物園。東山線一本で行けますし、入園が安いですし、広いし、危ないものも少ない。子供を見るには最適な場所なんですね

動物園内のどこになにがあるかも最近では理解している様子。普段何気なく見ているものも改めて見ると新鮮なものが多いですね。例えば、

2012-06-17 14.56.47

すごい大きな絵?壁画?です。ここら辺へ来ると子供が必ず立ち寄るのが↓

2012-06-17 15.01.06

親バカになって写真を撮り捲ります。そして、序盤でで必ず通って気になるのがこの壁画。ゾウの横にあります。

2012-06-17 14.54.36

なんだかおもしろい絵だなぁと初めは見ていたのですが、隣の説明文を見てなるほどと勉強させて頂きました

その説明文をまるまるコピーしますと

インドゾウの「マカニー、エルド」と「ゾウ列車」
第二次世界大戦中、軍から猛獣を処分するようにという命令が全国の動物園にありました。東山動物園でも、クマやライオンが射殺され、ゾウ二頭も栄養失調で死にました。しかし、ゾウの「マカニー、エルド」は園長はじめ職員たちのどりょくにより生きのびることができました。終戦を迎えた時、日本で生き残ったゾウはこの二頭だけでした。
昭和24年、ゾウのいない東京の子供たちから、「像を一頭、貸してください」と熱心なお願いがありました。しかし、「マカニー、エルド」の絆が強く、二頭を引き離すことができなかったため、「名古屋のゾウを見にきてもらおう」と「ゾウ列車」が実現しました。
全国各地から名古屋へやってきた子どもたちは、動物園でゾウに出迎えられ、ゾウに触れ、ゾウに乗りました。こうして「ゾウ列車」は子どもたちに大きな喜びを与えました。


戦時中はそんな命令まで出されていたのですね。今では理解しがたいことですが当時は絶対だったのでしょう。しかし、なによりもゾウはこどものあこがれの的、そしてその思いをすべて受け取って子供たちを喜ばせてくれたのでしょうね。

なんだか、この笑顔をみていると子供もゾウも楽しそうに見えます。阿弥陀様に救われる僕たちもお浄土ではこうして笑えるのでしょうね



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

道綽禅師~法話会から~ 

みなさま、コンニチワ!

先日19日の台風予報の日に第21回法話会がありました。台風予報にも関わらず数名の方のご来寺は本当に有難いことでありました、と同時に帰りも心配になったのも事実であります。この日に限り、法話を一座と先生と相談し、少し早めに区切らせて頂きました。急に内容を縮めたにもかかわらず、先生の風の音にも負けない熱のこもった相変わらずのご法話を聴聞させて頂きましたよ



いつも通り簡単に内容を述べさせて頂きますと、まず初めにご本山から出版されている「ひとくち法話」から道綽禅師のことを教えて頂きました。

→道綽禅師は曇鸞大師が亡くなられてから、二十年目に中国にお生まれになりました。釈尊没後1500年以上けいかしているので、禅師の教えの根底には末法の世に生まれたという意識が流れていたそうです。
禅師は48歳の時に、玄忠寺で、曇鸞大師の功績をたたえた碑文を読まれ「大師のように知徳のすぐれたお方でさえ念仏門に入られたのだ。自分のような愚鈍なものがどうして自力修行の聖道門にとどまることができようか」と感動され、阿弥陀如来の御教えに入られました。
そして「観無量寿経」を明らかにするために「安楽集」を著され、同時に7歳以上の子供たちまでよくわかるように、お念仏を勧められたので、お念仏の声は天地にあふれるほど盛況になったそうです。

そしてその道綽禅師を親鸞聖人はこのような和讃で教えてくださっております。

本師道綽禅師は 聖道万行さしおきて
唯有浄土一門を 通入すべきみちととく

末法の時代の私たちには自分の努力で悟りを啓く、仏になろうとする聖者の道を通るのはとても難しいことで進むべき道ではないと仰り、阿弥陀如来の願いに「はい」と信順する他力念仏門こそが唯一の道であることを明らかにされました。このようなことを「安楽集」で述べられているのですと解説くださいました。

また世界中の70億にも及ぶ人が毎日自分の良し悪しのことばかり考えている。それは悪へのおもしろさ、自慢、魅力があるから悪が離れていかないとして「起悪造罪」を取り上げ、これは私たちの根本である、子供もいいことは教えて覚えるが、悪いことは知らない間にやっている、という例をあげながらもともと私たちが有しているものとしてお話下さいました。

他にもいろいろなおもしろい例えを用いて一時間ほどのご法話を聴聞させて頂きました。
いつも分かりやすく時には笑い、時には真剣にお話下さいます。是非来月も法話会を予定しておりますので、ご来寺くださいますことを寺族一同心よりお待ちしております

無題

第22回真宗入門法話会予定
『和讃のこころ~善導大師~」
7月20日金曜日 午後1時半から午後3時頃まで
聴聞無料です。是非ご来寺下さい。



それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

猫避け 

みなさま、コンニチワ!

久遠寺の境内は、最近猫の庭化が進んでおります。子猫も3匹くらいいますでしょうか・・・
まぁいる分は構わないのですが、何しろ糞が多い、臭いんです。とにかく多い。毎日どこかしらされてしまいます。

どなたか猫避けのいい対策はご存知ないですかね?
また実践していないのですが、お茶の先生が「たばこから抽出した水が後の掃除もなくマメにやれば割と効果があるよ」と教えて頂き、早速作ってみました。

写真 12-06-18 17 15 12

効くんですかね?少しマメに実践してみようと思います。
せっかくのいい寝床から追い出すのはかわいそうですが、なにしろ害が多いので。子猫もかわいいんですけどね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0