10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

悲しいこと。 

みなさま、コンバンワ!

今日お月参りで安田様から自宅の畑から摂れた新鮮なお野菜を頂戴しました

写真 2012-11-30 13 10 42

さつまいもなんてびっくりするくらい大きなもの、ほとんど毎月と言っていいほど頂戴しております。いつも本当に有難うございますっ!!

そして、伊藤様からは子供にとこんな折り紙も↓

写真 2012-11-30 13 07 32

紙の駒と、疑似的な口のように動く紙玩具で、早速子どもと遊んでみました!指先のいい刺激らしく頑張って駒を回してましたよ、有難うございました!


今日の悲しいこと。それはいつも境内を糞だらけにしていく猫たちの一匹が門前で車に引かれて横たわっていたんですそれはそれは、毎日弄ばれるかのように糞をされ、愛犬をからかい、時には縁側で日向ぼっことやりたい放題な猫たちなんですが、そんな猫が道にポツンと横たわっていたのを早朝発見してしまいました。初めは目を疑いながら、そこらへんの紙ごみであってくれ、と願ったのですが、「あぁやっぱり」という結果でした。

正直糞害など何もいいことをしてくれなかった猫ですが、なんだかやっぱり可哀そうでしょうがなく、そのまま放置するわけにもいかず、境内のある部分に穴を掘って埋めてあげました。いろいろいたずらをした境内で静かに眠ってくれればとの想いだけです。境内に、と言われるかもしれませんが、先代もよく猫や鳥や生きるものたちがいのちを絶やした時、「ほとけさんの一番近くで眠ればええ」と言い、穴掘りをよく手伝った記憶が蘇ったからです
こちらの勝手で糞害と言っていますが、彼らも同じいのちを持つもの、そりゃトイレくらいいるよなぁと思えば糞害も大したことではないか、と思えます。ただ一緒にいた仲間の猫たちがどことなく寂しそうにみえるのは僕だけかもしれません・・・がなんだか今日は境内に猫たちが多くいた気がしました

自分本意だといのちの重さも忘れかねません。ただただ猫でも犬でも私たち人間でも軽いいのちなんてないことを教えてくれた気がしました。

向かいの居酒屋のオーナーがよく猫の面倒をみていました、一匹いないことに気付いているかなぁ・・・


明日から12月です。なにかと気忙しい時です。お体にはくれぐれもお気を付けてお過ごしください。
それでは、失礼します。


南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

目につくところ 

みなさま、コンニチワ!

先日、記事にさせて頂いた正太寺さまの本堂柱に法語を張り付ける掲示方法、さっそく真似てみました!!でも久遠寺には貼れる柱が少なく、正太寺さまのようにいくつも見て本堂内を回ろう、というほど掲示できませんでした。こればかりはしょうがないですけど

写真 2012-11-25 15 28 01

是非、ご来寺された際にお気づき下さいね


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

報恩講研修 万福寺さま 

みなさま、コンバンワ!

写真 2012-11-22 15 33 21

写真 2012-11-22 15 34 10

住職が好きな斑入りのハランと笹の葉。境内中いろんなところに生息しております

今時期みなさまやご家族の方々は風邪など引かれていませんか?我が家では子供が引き、僕がうつり、次男も風邪をひき、嫁さんも引きかけ、ちょうどようやく一周したところで打ち止めとなりました魔の風邪無限ループに入らず一安心。けどこれからしばらくそんな時期を緊張しながら過ごさなきゃと身を引き締めました気をつけなきゃいかんですね

そして昨日万福寺さまの報恩講初夜のお勤めに参勤させて頂きました。・・・・と言ってもお通夜があったので遅刻したので本堂からお参りさせて頂きました

写真 2012-11-24 19 32 12

いつもここの報恩講お初夜のお勤めは、若手僧侶が課題をもって取り組んでいます。今回も出勤されたみんなは緊張の面持ちでお勤めされていましたよ。あとでの反省会でも、あーだこーだいいながらもっとこうした方がいい、と研鑽の場となっておりました。毎年のことながらいい刺激を頂戴しております

写真 2012-11-24 19 42 55

うーん、見にくい。でもとっても勉強になっていますのでご報告まで


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 研修

tb 0 : cm 0   

もう24回目の法話会は、明日です 

みなさま、コンニチワ!

今朝のお月参りでお檀家の常川さまより頂戴しました

写真 2012-11-20 10 56 37

なにやら羽根のようなものが・・・

写真 2012-11-20 10 56 46

『つくばね』というそうです。お檀家さま宅では、羽根の部分だけを一輪挿しや飾りの周りに散らしてありましたなんとも可愛らしい、一本のみにして茶花と組み合わせてもいいだろうし、枯れても羽根部分は残るみたいなので今後も楽しめそうです常川様、有難うございました!玄関先に飾らせて頂きますね


そして明日は二か月ぶりの法話会です!
先日のご遠忌法要のご住職も法話にとても熱心に取り組まれておりました僕自身もいつも勉強させて頂いておりますが、また気分一新、楽しく聴聞したいと思います近頃寒くなってきたので本堂にはストーブも入っております。是非、みなさまのご来寺を頂き、ご聴聞して頂けたらと願うばかりですこころよりお待ち申し上げます

平成24年11月21日(水)
午後1時30分~午後3時頃まで

真宗入門法話会㉔
「和讃のこころ~仏教伝来~」

※聴聞無料
※駐車場6台分有
※休憩有


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

豊橋・正太寺さまご遠忌法要 

みなさま、コンニチワ!

先週の土曜日日曜日と泊りがけで豊橋・正太寺さまのご遠忌法要のお手伝いのご縁をいただき、勉強させて頂きに行って参りましたとても濃密な二日間だっただけにすべてお伝えすることはできませんが、やっぱりお参りはいいなぁ、ということとご住職のお考えで法要のカラーも随分へんかするものだなぁとつくづく感じさせられました本当にこんな若くて手伝いにもならん私を使って頂き、感謝感激であります。このご縁に感謝しながら、今後ともご教導頂きたく思います

何しろ二日間、そして写真も撮りたいがうまく撮れず・・・とにかく「いい法要だった」ということが伝われば幸いです!詳細はご住職のブログにびっちり法要へのお気持ちが書かれてありますので是非見て下さい。

正太寺ブログ「悟道の道」→http://shotaiji.blog.so-net.ne.jp/

写真 2012-11-17 11 53 28

写真 2012-11-17 11 54 05

子供たちによる「塗り絵」の奉納?が本堂のいたるところに飾ってありました。この下絵はなんとご住職が描かれたとのこと、絵のセンスがまるで違います。子供たちもさぞ楽しかったとの気持ちが塗り絵に込められてありました

写真 2012-11-17 11 53 53

お寺の半被をお手伝い様方全員がお召しになられ、我先に仕事を探してテキパキ動かれる姿は本当に感動ものでした。あれだけの人数の方が、「この法要をなんとか成功させたい」との思いが皆様一人一人にあられるようでした

初日はあいにくの雨。というか嵐。ご住職が法要を始める前にお手伝いの方にこのようなことを言われたのです。「まぁ今日は降らしてやれと思います。明日さえ晴れればヨシですから」
お陰様で雨も降れるだけ降って、風も吹くだけ吹いて吹き切ったようです。次の日は、天気予報通り、快晴でスタートしました

写真 2012-11-18 6 34 48

門前をくぐり、お手伝い様方が揃うとこれもビックリ!前日で吹き荒れた落ち葉をものの15分程度できれいさっぱりにし、境内を法要モードに一気に仕立て上げてくれたのです!!本当に手早かった

そして晴れの舞台での稚児行列。親御様たちも意気揚々と行列を組まれ、お参りをされておりました。写真 2012-11-18 10 16 21

写真だけではとても自由な行列イメージになってしまいましたが、ちゃんとマナーを心得ている方ばかりでしたよ。案内する側としてはとても楽に誘導することができました

そしてメインの登場。

写真 2012-11-18 10 26 07

やっぱり行列はいいですね♪

その後、無事お勤めをし、ご法話を聞かせて頂き大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。ここのご住職はとくにご法話への意気込みが強かったので、そのお気持ちが反映されたとてもいい法要をお勤めされたかと思います。そしてそのご縁を頂いた僕や参加された方々、みんな大満足な法要だったかと思います。正直、興奮冷めやらぬ二日間を過ごさせて頂きました

そして全てを終えて車に乗るころには、もうこんな時間に。
本堂の灯りは、お手伝い様方の打ち上げが始まるころの灯り、この灯りがお寺の光ですね。思わず手を合わして帰路につきました

写真 2012-11-18 17 11 51

まぁ、この後は豊川インター入るなりに渋滞にはまり、ガソリンが底を突き、しょうがなく蒲郡で降り、給油して、また岡崎インターから乗るという何とも面倒な帰りでありましたついてない。
しかし、あまり家を空けることがない僕自身、帰るなり子供たちが異常なまでに迎えてくれる姿はやっぱり嬉しかったですね。この環境があるからこそ手を合わせることの大切さが身に沁みるような気がしました


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0