02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

第27回法話会 

みなさま、コンニチワ!

もう三月になってしまいました。昨日今日と気温がだいぶ落ち着いて過ごしやすいですね。皆様もお元気のことと存じます。
もう一週間少し経ってしまいましたが第27回法話会を聴聞させていただきました。朝一番寒かったこの日でありますが、ご聴聞に来て下さった方々は本堂で暖を取りながらいつもどおりご聴聞いただきましたよ

写真 2013-02-22 15 33 44

今回も前回に引き続き「源信和尚」でした。前回は地獄のことが中心でしたが、今回はなぜ地獄を説いたか、その伝えたいべきことは何なのか、をお話くださいました。「厭離穢土 欣求浄土」が中心となり、念仏こそ唯一とお説き下さいました。そして当日中心となったご和讃は以下のものです

報の浄土の往生は
おおからずとぞあらわせる
化土に生まるる衆生をば
すくなからずとおしえたり

男女貴賤ことごとく
弥陀の名号称するに
行住座臥をえらばれず
時処諸縁もさわりなし

煩悩にまなこさえられて
摂取の光明みざれども
大悲ものうきことなくて
つねにわがみをてらすなり

弥陀の報土をねがうひと
外儀のすがたはことなりと
本願名号信受して
ゴビにわするることなかれ

極悪深重の衆生は
他の方便さらになし
ひとえに弥陀を称してぞ
浄土にうまるとのべたもう

説明とたとえ話などをお聞きしてから、都道府県幸福度ランキングのついてお話をいただき、実は幸福度が高い県は浄土真宗系の信仰が深いという統計図をいくつか提示いただきながら、ご説明をいただいたんですね。他にも生活に密着して納得するお話をいただいたんです。例えば、通夜葬儀のうすずみの意味。一休禅師の衣のお話、柵(しがらみ)の大切さ、また茶碗の模様がわかりますか?などいろいろお話いただいたり、訪ねて下さったりして下さいました
自分たちの生活に順ずるお話だと、聴聞の皆様も興味津々で笑いあり、発言ありの楽しい会となりました。


毎月一回のこころがほっこりする楽しい会であります。是非次回3月27日もご予定いただきご来寺くださることを心よりお待ちしております


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄



~三月法話会のご案内~
平成25年3月27日水曜日

無題


第28回真宗入門法話会
「和讃のこころ~源空上人~」
布教使 岡崎浄泉寺住職 戸田恵信師
午後一時半~三時頃まで
※休憩有
※駐車場6台分有
※聴聞無料


春の息吹がもうそこまで聞こえてきております。けれどもまだまだ風は冷たく身に染みて参りますが、ご法話をご聴聞されたらこころがほっこりとするのは間違いなし。是非賑やかな法話会にしたく、皆様のご来寺を心よりお待ちしております

スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0