06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

暑い中での法話会終了。 

みなさま、こんばんわ!
今までなぜかカタカナだったご挨拶。特に意味はないのですが、今回は普通にしてみました(笑)
残念ながら法話会の時間は蓮がお休み中。つぼみは見て頂けましたが、また朝早くご来寺頂ければご覧になれる蓮をとりあえずアップして見ました↓

写真 2013-07-20 6 59 42
<定番。本堂と蓮>

写真 2013-07-20 7 00 05
<少し違うアングルで。参道と蓮>


昨日、暑い中ではありましたが法話会がありました!
暑いからなかなかご聴聞の足も途絶えるかな、と勝手に想像していた予想に反して十数名の方がご来寺下さいました!本当に暑い中、有難うございました
そして、住職が体調不良の為、自分がいろいろと動いてお話して、と責任重大ポジションになってしまい、アタフタしてしまいましたが無事終えることができました皆様の前、人前でお話をするって緊張しますね♪先生はそれを1時間半もやってのけるのでやっぱりすごいなぁと再認識させていただきました

今回のテーマは「本願」。ご本山から出版されている「ひとくち法話」という冊子の目次順に今は進んでおります。そして、今回の前半はおもしろい、おもしろい。ご聴聞のみなさまもしっかり楽しんでいただけた様子でしたしかし、締めるところは締められる戸田先生。最後には、堂内全員が我が身の事として真剣に先生のお話に耳を傾け聞かせて頂きました

本願とは、私の願いではなく、阿弥陀様の根本の願い、本当の願いとお教え頂きながら、「阿弥陀仏の本願は、摂取不捨だから・・・・」との冊子の文言を詰めてお話下さいました。
摂取不捨。左訓と呼ばれる説明書き、付け足しのようなものが時折、親鸞聖人は書いておられます。そこで摂取不捨の左訓はと言いますと、「ひとたびとりて永く捨てぬなり。摂はものの逃ぐるを追はえ取るなり。摂はおさめとる。取は迎えとる。」。こう説明を頂きながら、HPでもアップしました「摂取」を分かりやすくクイズ方式にしてくださったのです。

ほとけさまがわたしたちを救うということは、どちらにあてはまりますか?
一、親ザルが子を抱える姿
二、親猫が子猫を抱える姿

答えはHPを聞いて下さいね♪

本当におもしろい話が多くついつい眠たい時間でもバッチリ目が覚めてしまいます!そして、楽しいだけではなく必ずほとけさまの教えと向き合う時間が設けられているとても大切な時を過ごさせていただきます。是非、次回は9月となってしまいますが、是非ご来寺くださいますことを心よりお待ちしております


それでは、失礼します。

南無阿弥陀仏 高山信雄

スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0