11 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 01

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成25年12月の法語 

今年の最後の月、12月。この時だけなぜか『師走』と周りが口を揃えて言われますねー他の月は、あまり耳にしないのですが、、、

12月の法語は



『念仏者とは一切衆生を「御同朋」として見出していく存在』宮城顕

念仏者とは、仏様のみ教えにお任せし、お念仏するもの。
一切衆生とは、すべての生きとし生けるもの。
そして同朋とは、簡単に何かと申しますと、お念仏の教えに帰依したもの、仲間のことです。

これ、文面だとすべて=(イコール)されるんですね。どういうことかな、と考えてみますと、私自身が「念仏者」「一切衆生」「御同朋」を勝手に分別していたんです。しかしながら、仏様は、「すべてを救う」と誓われた時点で、「コイツは救う、アイツは救わない」ということを仰っていない。「すべてを救う」と言われていうので、「念仏者」だろうが、「御同朋」であろうが、仏様の救う側から見れば「一切衆生」には変わらないんですね。

なるほどーそんな所にも分別心が潜んでいたとは・・・勉強になります!

南無阿弥陀仏 高山信雄
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0