12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

おやすみ前の一言 



『この日 この時 この場所が つまり 私の全部の人生だ』

今日は朝から動きました。
ご本山から戻り、その足でお月参りへ。昼過ぎからは、子供とみっちり遊んで、犬の散歩をしっかり目に、夜は文化センターでのお茶のお稽古アシスタント。
そして帰宅後、またまた子供と遊ぶ、、、

なんて幸せな時間を過ごしたのだろうか、と頭をよぎれば目はもう開けれません。ここで寝るのか、頑張って起きて仕事の一つでもするのか、、、(笑)

そんな時に

『この日 この時 この場所が つまり 私の全部の人生だ』

瞬間瞬間の判断で僕の人生となっています、それは正解かどうかわかりません。けれども、僕の人生であることにはかわらないんですね

そしてその判断でさえも実はお陰様のものであって、そういう判断力をつけさせてもらえた背景を感じます。今ある私の人生は私だけのものではないんだなぁ、と。

さぁ、さらに眠くなりました!

どうする?僕(笑)

南無阿弥陀仏

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0   

お七夜レポート③ 

今朝、ご本山から帰ってきました。

夜のお勤めは、11時過ぎにもかかわらず、多くの人がお参りに来られていました。





夜のご本山は雰囲気バッチリですが、朝はとても頼りになるお姿に感じました



今年のお七夜は、例年より寒く宿前の池も薄く氷が張ってましたよ。



ちなみに名古屋から参勤する仲間の宿が真ん中の水月亭というところ。学生の合宿のように川の字ならぬ10名ほど並んで寝泊まりするんです♩



毎度、お参りを中心に寝泊まりし、ご飯をいただき、いっぱい飲みながら夜遅くまでいろいろと語らいます。
正直、聞くところによると僕は熱く話をしていたそうですが、今はサッパリ覚えていないのが問題ですご迷惑をかけた坊さん仲間のみなさま、大変申し訳ないですーけど、こういう機会を交えてさらにみんなでお坊さんとして成長していきたいですね!

最後にボソっと一言。
お七夜期間中は子供がいないからギリギリまで寝れると布団に潜っておった時のこと。
あまりに起きない僕に若手リーダーが、
『元気で騒がしい子供はおらんが、口やかましい大人はおるぞっ(笑)』
と。思わず目が覚めましたー

チャンチャン♬

南無阿弥陀仏

Category: 本山

tb 0 : cm 0