12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

宗旦古流 

高田本山の報恩講『お七夜』のお勤めの間に、呈茶してくださる場があり、そこはご法主様を家元とする宗旦古流が場を取り仕切って下さっております。

昨年は、残念ながらお菓子が切れてしまったので行けず終いだったのですが、今年はそんな反省点もあって早めに行って参りました。

一言で言うなれば、、、、、行って損はなし。どころか、とても楽しい、面白い場でありました。
お道具もいろいろあり、何せ家元がご法主様ですから代々のものも多いんです。そして歴史も深いものですから、明らかに有名どころのお道具も多い、多い。
楽しかったですね、何よりお菓子が美味しかった!

写真が撮りたかったのですが、さすがに茶室での撮影は遠慮いたしました
お茶を呼ばれてから、会記にそってご説明を頂き、帰り口で↓が販売されておりましたので購入。扇子ですね。



「光暁」と常磐井鸞猷前ご法主さまが書かれたとのこと。
お値段もお手頃で、もう一本欲しいと思っていたので大満足です。

「光暁」とは・・・

讃阿弥陀仏偈和讃第二首目に

智慧の光明はかりなし 有量の諸相ことごとく
光暁かぶらぬものはなし 真実明に帰命せよ

とあるんですね。簡単に言っていいのかわかりませんが、仏様のお光は、すべてのもの分け隔てなく包みこんで照らしてくださるお光で、誰もその光が届かないものはいないんです。そのお光はまさしく偽りのない必ずお救いくださるお光であります。と言った感じでしょうか。

その仏様のお光の姿こそ「光暁」とされ、この扇子に書かれていることだと思います。

意味を知ると、愛着が沸きます(笑)大切にします




ちなみに裏は、御影堂。これもまたいいかんじですねー♬

南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 本山

tb 0 : cm 0   

いきぬくちから 



先日の法話会で出てきた「他力=生かされて生き抜く力」。
このいきぬくちからにもう一つ違うパターンの漢字をはめるなら、皆様はどうな漢字をはめますか?

一つは、生き抜く力








そして、息抜く力


読み方が一緒でも漢字一つでだいぶ意味が変わりますね

流通ジャーナリストの金子哲雄さんの本『僕の死に方』にあったんですね。
生き抜くバイタリティもほしいですし、息抜く余裕もありたい。

両方バランス良く、が1番ですかね?

『生かされて生き抜く』

お任せする中で、一生懸命前を見て、時には深呼吸をして我が身を振り返る。

今日も元気よく歩んで行きましょう

南無阿弥陀仏

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0