12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

発信→発進 



皆様、おはようございまーぁーすっ!

今日も朝から冷たいですが、何だが清々しくも感じられます。
昨晩、SNSのやり取りの中で友人が『発信すれば、発進できる』と発言し、『はっしん』つながりにビビッときました

ですからまず発信っ!

今日も元気良く、出会う方を元気良くできるよう、元気な方はさらに元気にm(_ _)m
張り切ってまいりたいと思います


まずはやっぱり挨拶から

『おはよーーーーぉございまぁーーーーすっ!』からですね(笑)

南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

生きる楽しみ 

『積読化(つんどくか)』となりかけていた本「生きる事はおもしろい」五木寛之、がようやく読了。
年が明けてから少しずつ時間が取れてきた気がします・・・気がするだけかもしれませんが・・・・(^^ゞ



読んでもらえば即座にわかるのですが、これ本当に五木さんの日常のお話。
五木さんの日常を教えてもらっても・・・と初めは思ったのですが、随所にやはり気になる言葉が散りばめてあり、おもしろく?読ませてもらいました。

そして、最後の部分。
「生きることはおもしろい」と題名をしているので、てっきりおもしろいものだ!で終わるのかと思いきや、

「人がいきていくこということは、決して楽なことではない。それどころか、人生というものは苦しみや悲しみ、いらだちや鬱屈にみちているような気もする。しかし、そんな日々を、ひとは うつむいて嘆いてばかりいるわけにはいかない。
一瞬、一瞬を、自分でおもしろく生きる工夫をしなければ仕方ないだろう。一瞬が変われば一日が変る。一日が変われば一年が変る。
そんなふうに自分に言い聞かせながら、今日まで生きてきた。
なんとなく怪しい時代である。
味気なく世をおもしろく、とつとめてそう思いつつ毎日を過ごしている。」

一瞬を楽しくする工夫をしているかな、自分と何度も言い聞かせておりました。答えは
「まだノビシロはいっぱいある(笑)」
時間は限られています、けど工夫の余地はまだまだたくさんありますからね。

いつ終わるか分からない人生だから、先延ばしせず今おもしろいと思うことをこなしていかねば・・・


本は気付きがいっぱい詰まってますね~

南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0