01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

老いていちばん 

近所のお檀家のおばあさん、昨年残念ながら亡くなってしまいました。
何でも話をしてくれて、いつもニコニコしていたおばあさん。

愛犬を散歩する時なんかもよくお会いしました。
お月参りは、朝8時ジャストに伺い、30分~40分いろいろなお話を聞かせてもらいました。たまに時間が押して、次に回る時に大急ぎだった時も・・・(笑)

今では、お参りに伺うと息子様ご夫婦におばあさんの話ばかりさせてもらっております。

そして、先日長年おばあさんが住まれたお宅から、お仏壇を移動する日がやって参りました。
その際、おばあさんのモノが次第に片付いていった部屋を眺めていると、2枚の紙が・・・・。

その一枚目が

『老いていちばん』
一、(老いていちばん)幸せなことは、健康で三度の飯の美味いことである
一、(老いていちばん)嬉しいことは、話し合える友達がたくさんいることである
一、(老いていちばん)美しいことは、他のために何かの役に立てることである
一、(老いていちばん)楽しいことは、好きなことに没頭出来ることである
一、(老いていちばん)大切なことは、死に対する準備ができていることである

二枚目が、

『老いていちばん』
一、(老いていちばん)寂しいのは、することがないことである
一、(老いていちばん)みじめなことは、経済的なゆとりがないことである
一、(老いていちばん)悲しいことは、周囲からうとまれることである
一、(老いていちばん)見にくいことは、過去にしがみついて生きることである
一、(老いていちばん)不幸なことは、自分だけの殻に閉じこもって孤立することである

どうでしょうか。この亡くなったおばあちゃんはもうあと少しで100歳でした。あと数年だったんですね。
そのおばあちゃんがこの言葉をベッドの横に貼り、いつも心がけていたんだろうなと思い、元気にしていたのはこういうことが支えにもなっていたのかな、とも感じました

ことばの表現はいろいろありますし、ピンとくるかこないかも個人差が必ずあるかと思います。でも感じていることを言葉にすると、案外、力になってくれたりしますよね。そんなことを思いました。

皆様に、今自分自身にピンとくる言葉はありますか?(笑)
また是非お聞かせくださいね~

南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

親心 

11月からなんとか継続している毎日更新ぶろぐ。

年明けにブログを毎日更新していることを住職夫婦に告白しました。

以前は、「別にみてもらわなくても・・・」と思っていたけど、やっぱり「どう考えて何を書いているかは知ってほしいなぁ」と思い、毎日更新を伝えたんです。

そうしますと、

触れもしなかった、購入してから放置した、できもしないパソコンに向き合いだしました。
これには、ほんとにびっくり。




親子パソコン教室は、イライラが募るばかりで効果はどの程度かわかりません、そしてインターネットだけでも何とか閲覧できるようになったまだまだ未熟なパソコン技術。

それでも何とか見ようとしてくれる親心か。


恥ずかしい話ですが、嬉しいばかりですね。

おかげで会話が増えましたー互いに話すこと、とても重要。住職がいつも言っています、怖い顔で(笑)

これからも話しながら、今までの歴史を聞かせてもらいたいものですね

そうそう、話は違ってしまいますが坊守お育て中のアマリリス、よく咲いてますよ



南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0