01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成26年2月の法語 

2月法語

高光大船師のお言葉。よく先代から話を聞いておりました。暁烏敏、藤原鉄乗、高光大船、の三人は「加賀の三羽烏」と呼称が付くくらいの念仏者であったと。子どもながらに「三羽烏」というネーミングが頭にすっと入ってきた記憶が鮮明です(笑)

この高光師のお言葉。

「人は法を求めるに止まって、法に生きることを忘れている」

「法を求める」と「法に生きる」。どのように違うのでしょうか。
「法を求める」とは、自分がよりよいものを求める、知識として求める、そして求めるあまりそれが「我」となるということを指しているかのように思います。
その反面、「法に生きる」とは、自分の考えや範囲の及ばない「法」にすべてを委ね、生かさせて頂くこと。

このように感じます。

が、自分自身に一番問いかけたいことは、「法」とは何か。また「忘れている」とはということ。
「法」とは真理。仏様のおはたらき、救い、と頭でわかっていても生活の中で感じることができているのか。
また「忘れている」とは、どういうことかな、と考えるんです。「気付かない」ことなのか、もともとは知っている、わかっていることだけども、「法を求める」あまり「忘れてしまった」のか。

高光大船師のお言葉の後にこう続きます。
「法は求める間は、よき法へ、よりよき法へと求めるかも知らぬが、法に生きる者は、もはや善きも悪しきもなく、ひたすら法を曇らすまいと法の持久に日常して止まないのである」と。

このお言葉を聞くと、形だけでない本当の「法に生きる」ということをもっともっと考えていかなきゃと反省させられました。

ただただ南無阿弥陀仏

ふわふわな文章で申し訳ありません。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0