02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

わらび座さんのミュージカル『ブッダ』へ 

今日は午前中に月参りを終えてから、ダッシュで金山の市民会館へ。

何をしに行ったか(笑)



それは、わらび座さんのミュージカル『ブッダ』へ。

以前、ブログでも告知案内?しましたよね。せっかくの機会なので行って参りました^m^
ミュージカルの「ブッダ」って一体どんなだろう?と思いながらもちょっおワクワク。

なにせミュージカル自体そんなに見たことがないので(^^ゞ

初めに渡されたパンフに、人間模様なのがちゃんと説明書きがされていました。

僕がざっと内容を流してしまうと、

主人公=シッダールタ。後にブッダと呼ばれる。
シャカ族の王子として生まれ、後の王を約束されているが、人間が逃れることができない「生老病死」に出会い、出家する。けれども、苦行ばかりの僧たち、シッダールタが思う「苦の脱却」とはほど遠いものであり、そこから悩み苦しみ、周りのものたちと共に歩む姿が描かれています。


そして、そんなことを頭に入れながら見た感想は・・・・





とても見ごたえありました<^!^>

わらび座さんのオリジナル感も含めて、楽しく観劇しました^m^。

容姿や育った環境に悩むもの、自分の思い通りに行かず悩むもの、身分が実は卑しい奴隷であったと知り苦しむもの、自分の本性を隠すもの、我が手からすべてすり抜けていくもの、それぞれの人間の苦しみはそれぞれに違い、その人間の苦しみとどう向き合うか、を「目覚めたもの」がどう一緒に歩んでいくか。
それ以前に、ブッダ=シッダールタ本人が我が身分や死というものに悩み苦しむ姿から脱却していく様も見応えがありました。


これ、まだ講演するんですかね?今日の段階だと後ろの方は、少し空席があったようです。当日券も販売してましたしね(^^ゞ

時間とお財布事情で、是非ご観覧下さいね(笑)

余談ですが、ミュージカルファンっているんですね。
拍手のタイミングや合いの手など、「ここで入れるんだ!」と感心しました(笑)

南無阿弥陀仏

Category: 趣味

tb 0 : cm 0