03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

雨草履なしではずぶ濡れ決定 

昨日今日とよく降りますね(´Д` )

境内も雨で荒れています(*_*)




排水整備していない場所は池とかしています((((;゚Д゚)))))))




お仕事、お出かけの方は視界も悪いですし、足元も滑りますのでお気をつけてくださいね(`_´)ゞ

これくらいの雨降りだと雨草履なしではずぶ濡れ決定W(`0`)W
先日壊れた雨草履でどうしようと雨を眺めていましたが、母親があらかじめ手配してくれており、何とかずぶ濡れにならずに済みそうです(^人^)

有難たい(-人-)



今日も雨を喜ぶ誰かがいる、だったら雨でもいいじゃないか(笑)

そんな気持ちで、今日もお参り頑張っていってきまーす(`_´)ゞ


南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

常時閉門→時間限定開門を計画的に 

今年に入ってからチラホラ言っている「境内解放」「正門開門」

その一助となる結界、「矢来」というものをお檀家様に作ってもらいました!




かっこいい・・・・


こんなデザインもあるんだ、惚れました^m^

けれども、贅沢ながら住職と僕と作ってもらったお檀家様との話し合いのズレからか、サイズに食い違いがあって・・・・正門への使用は断念(T_T)

お檀家様も快く引き受けて下さり、この忙しい時期を乗り越えたら、第二弾を作ってくれるとのこと。

懲りずにお付き合いいただき、本当に有難いです。。。

「これでいいじゃん」「なにがいけないの」と思われること必至。
一度、閉門してしまうといろいろ考えてしまい、思い切って開けれないことも事実です。

それを何とか乗り越えて、常時閉門→時間限定開門→常時開門を計画的に行っていきたいと思います。


しかし、、、、、、、

何度見てもかっこいい・・・・・・(*_*)


やっぱり使おうかなぁ、、、((((;゚Д゚)))))))悩みます(´Д` )


時間限定開門することで

いつかまちの寺の境内、参道で一休みしてもらい、さらに深呼吸し新たな気持ちで一歩を踏み出すことができる雰囲気を作るのを、目にしたく、、、、(・・;)



変わらぬお支え宜しくお願い申し上げます<(_ _)>


南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

お参り途中でのひといき 

今日はお参り途中でひといき休憩(笑)



こんなオシャレなカフェに衣姿で入ってしまいました(^◇^;)

というのも、実はこのカフェはお檀家様のお嫁さんが経営しているカフェ。
先月にオープンされたとのことで、初めて伺ってきました(^人^)

今日はお昼時でしたから、美味しい挽きたてのコーヒーと一緒にボリュームあるホットドッグを頂戴してきました(`_´)ゞ

どれも美味しかったですし、何だか落ち着いちゃいましたよー(-人-)


こんなご縁もお念仏かな、と頭をよぎりながらのんびりさせていただき、またお昼からもお参りですー(^人^)

ご馳走さまでした!


あとそうですね、『ここどこなの?』と気になる方はご連絡くださいね(`_´)ゞ

テンヤワンヤになるよりお一人お一人のお客様と向き合って丁寧にお仕事がしたく、広告案内はあまりしていないそうなので^_^



南無阿弥陀仏

Category: 未分類

tb 0 : cm 0   

人生は横糸と縦糸 

昨日、落慶法要が終わってからの夜は、中日文化センターへ。

前から拝見していたブログの先生が中日文化センターで講座を持っているということで早速受講してきました。



講座名は「こころが元気になる講座」

講師は「川村妙慶師」


本願寺派僧侶であり、アナウンサーでもあられます。毎日更新される「日替わり法話」はほとんどの日に仏法のことが書かれ、とてもわかりやすく親しみやすいお言葉で更新されているんです。

その方のお声を聴いての講座。

大変楽しみにしておりました(^_^)何だか片思いの彼女に会う感覚(笑)それくらい待ち侘びた感覚があったんですね。自分で京都までお話を聞きに行けばいいのですが、いつでもと思うとなかなか行けず。いいタイミングでした^m^

まず受講する前に思ったこと。
一、有名な方だけに教室の前に本が売っている。
一、本を買えばサインしてもらえる(笑)
一、中日文化センターにこんなに広い部屋があるとは知らないくらい広い部屋だったこと。
一、男性は60歳以上くらい、女性は40歳くらいの方が多く見えたこと。
一、女性が8割くらいの受講率。

そんな中で受講してきました。

そして先生にお会いしての第一印象は、品がいい柔らかな女性、ということ。
お話を聞かせて頂きながら、とても納得する分かりやすい言葉で親鸞聖人の言葉を解きほぐしてくれました。

90分のお話、すごく引き込まれた気がします。

講座の初めにお話下さったことは

衣を着て袈裟をしながらお話するご自身の理由を教えてくれました。

袈裟も布地です。この布地は皆様ご存知のように縦糸と横糸でできています。
この縦糸、横糸、布地として大切なのはどちらかご存じですか?
そうです、縦糸なんですね。

それと一緒で人生は横糸と縦糸です。

横糸は実績や肩書、経験を重ねるということです。どんどん重なれば人としても豊かになれるもの。
けれども大切なのは、縦糸。

縦糸は生きる方向性です。

この方向性を見失うととても危険です。自分一人の立場でお話すると、少なからずも自分という主体が入ってしまう。
だからこそ輪袈裟をしてくると言われました。

縦糸となる生きる方向性こそ、仏様の教えであり、それを形としたのが袈裟と経なのです。と。


そんなことを教えてくださいました。録音が禁止なので、うる覚えです。少しずつニュアンスが変わっているかもしれません・・・・(T_T)

講座の内容としては歎異抄に沿ってお話下さるようです。
受講してビックリしたのが、随分前から文化センターで講座をされていたそうです。まったく知らなかった・・・もっと前から来ていれば、と思う反面、まだあと2回(全3回)も聴講できるので、今後の楽しみが増えました(^^ゞ



お寺にも何冊か川村妙慶先生の本があります。
お時間がある時、是非、ご一読くださいね^m^

あっ、講義の最後は本購入してサインをしてもらいましたよ(笑)サインしてもらう時はとっても緊張してしまいましたが、とても柔らかく幾つかお話させていただきました^m^ムフフな時間、確定(笑)

僧侶ということ、速攻バレマシタ・・・(^^ゞ


南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

「一丸となっている」雰囲気【崇願寺さま落慶法要】 

非の打ちどころがない今日の天気。
そんな絶好の日に、稲沢のお寺様・崇願寺様で本堂建立の落慶法要が勤められました。

雲一つない青空。

本堂の棟の上に何もないのがうらやましい・・・・(*_*)



今回、知堂としてお招きに預かり、未熟な自分ができるだけのお勤めをさせていただきました。
何とか風邪も引かずの当日でしたが、やることなすこと手一杯であやうくキャパシティーオーバーになるところ(T_T)

そんな時に、先輩僧侶の方々のお助けがあり何とか無事クリアー(^^ゞ

稚児行列の賑やかしく歩けました。
かわいらしいお子さんたちの着ものがはだけたり、泣いたり、勝手にどこかへいったり・・・・ハチャメチャになりながら、身は飾れども子供らしさは変わらず、そのままありのまま、本堂の落成に花を添えてくれた気がします^m^



行列の後は、すぐに法要。

その際には写真を撮影することはできないので必然的に写真はないんです(笑)あったら問題ですしね(-_-;)


法要、昼食後に催されたのが【語り】&【琵琶語り】の夫婦共演と【寿獅子舞】。

【語り】のご夫婦、さすがでした。息もぴったり、話だけで興味を持って行かれます。
特に後半やって頂いた琵琶語りは素晴らしかった。

琵琶ってこんな感じで使われるんだ、と思いながら演目である「耳なし芳一」を拝聴。




【寿獅子舞】は、お祝いの場で獅子に噛まれると福が来るらしく、参拝の方々の人気者。ほとんどの方が噛まれたんじゃないかと思う位、獅子はみんなを噛んでました(笑)動きも機敏で見栄えがいい、そして何だか楽しい気分にさせてくれる舞でしたよ。近々お祝いごとを考えている方、是非ご検討案の一つに加えてみてはいかがでしょうか?(^_^)

獅子舞はやっぱり祝い事ならでは、という雰囲気。

最高な時間でした。






けれども何よりご住職ご夫婦、若様ご家族、また寺族親族の方々の仏法興隆の想いである本堂落成、またそれを支えてこられたお檀家様のなんとも晴れ晴れとしたお姿に「一丸となっている」雰囲気は、知堂として参加させて頂いた自分にも十分理解できるものでした^m^

こんな素晴らしい法要、またお勤めしたいものです。



あっ、久遠寺も750回遠忌法要を計画しなくては・・・・・(-_-;)



この法要に関係されたすべての皆様、本当にお疲れ様でした<(_ _)>

今後もお念仏の御教えを崇願寺さまの聞法の道場にてご聴聞下さいね(^_^)


南無阿弥陀仏



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0