04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成26年5月の法語 

5月法語


《寺報44号「久遠」~当寺住職のおあじわい~》から



山口県六連島に住んでいたお軽さんのお言葉であります。

彼女は気性が激しく、結婚しても夫との関係はおもわしくなく、
自分自身の存在を認めてもらえない苦悩の人生でありました。
教えを聞いても自分自身の気休めであり、心の安心は得られなかったそうです。

そんなある時、病気にかかりました。
そこで、いかに自分の思いが中心で、
自分の都合でしか教えを聞いていなかったと目覚めたそうです。
自分の思いが死んで他との関係は、私の為の願いであったと聞こえる。

と同時に、

慚愧の念を抱き、私を呼び覚ます声を聞かれたのでありましょう。

当寺住職 髙山元智



いつ変わりなく我が身に届いている「是非に来い!」とのよびごえが
我が身の都合で聞こえたり、聞こえなかったり・・・・・

こんな自分だったか、と気付かせて頂きながら唯一安心のおこえ、
そして願いを日頃からかけられている私達です。

そんな私ができること、

お答えするには「なまんだぶつ」だけですね(^人^)

お称えしましょう、なまんだぶつ(-人-)



南无阿弥陀仏



スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0