06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

あなたのあこがれの姿 

川村妙慶さんの本をパラッとみておりました。

そしたらこんな言葉が。



「あなたがあこがれ、理想とする言葉を頭に思い描いて下さい」



みなさま、何を思い浮かべましたか?

ぼくは「ありのまま」とか「のんびり」でした。
この言葉が何を意味するのか。


続きにこうありました。

「先ほど思い描いた言葉が、じつはあなたに足りないところなのです。
例えば「やさしさ」が浮かんだとします。
頭に浮かぶということは「意識している」ということ。意識しないとできないと言うことです。
本当に優しい人は無意識なのです。
優しさを意識して、優しいことをしたとき、もしお返しや御礼がなかったら「腹がたつ」でしょう。
無意識に優しくしている人は腹も立ちません。
あえて「決まり言葉をつけなければならないということは、言葉に縛られているだけなのです。
自分のその「執着」を考えてみましょう。」

あこがれや理想が、執着となる。
ちょっとした衝撃でした。

言葉の表現はいろいろありますが、妙に納得もしてしまった僕。

ありのままでいよう、と理想を持つことで、ありのままでいようとしてそこからキシキシと自分を縛って言っているのかもしれないですね。こういう縛りがスルッと抜けた時、抜けれた時、本当の意味での安心が味わえるのかもしれませんね。

まだまだ勉強中。

頑張ります!



南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0