07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

心の紐がゆるむイベントへ 

昨日は岡崎へ。

雨が心配の中、胎蔵寺というお寺でキャンドルナイトのイベントが開かれるということで行ってきました。
わざわざ岡崎まで行く理由。
実は、ここの副住職は昨年一緒に「未来の住職塾」で学んだ仲間なんです。
パッと見はお坊さんには絶対に見えない雰囲気。一緒に学んでいた時もいつも眠そう、物静かであまり発言せず・・・・と思いながら、実は接してみるととてもとてもしっかりとした自分の考えがありそれを実行に移していく行動力が半端じゃない人だったんです。なのに知ってしまうと、とっても人当たりがいい人で、人を寄せ付ける魅力もある方なんですね。

人は見かけに依らない、本当にそう思える人で、僕もそんな彼に魅せられた一人。

彼がまとめるイベントにも興味があり、岡崎まで行った次第です。

到着してみれば、かなり早めに行ったにも関わらず250台ほど入る駐車場はギリギリで入れるくらい。残り数台というところでした(-_-;)

お寺の本堂の広さは、久遠寺と一緒かもしくは狭い位。けれども境内いたるところにブースがあり、買い物、食事、観賞、いろいろな神経を刺激してくれるところばかりで、とても同時に見切れないくらいいろいろなことが同時多発的に運営されていました。
境内地のとなりにある空き地スペースも、さらに山を切り開いてそこを店舗のブースやステージにして盛り上がっていたんです。もちろんステージも様々なアーティストさんが入れ代わり立ち代わりで演出していました♪

とりあえず写真を何枚かご覧ください(*^_^*)


≪本堂も解放中。休憩する場、キャンドル作りを体験できる場となっていました≫


≪入口すぐの階段はキャンドルで彩られていました、これが点灯した時はまた格別♪≫


≪キャンドルも様々工夫が凝らされています(笑)≫


≪墨絵作家の作品。庫裡も解放してアーティストの表現の場となっています≫


≪入場が無料なだけに随所に手作り感が満載。みんなで作り上げた雰囲気がとても伝わります≫


≪個人的にこれ好きでした。自動でシャボン玉がどんどん出てくるんです。子供たちが大はしゃぎでしたよ≫


≪屋外ステージでの演奏の一部。民族楽器の演奏も普段聞きなれないのでとっても楽しかったです≫


≪たまたま屋外ステージを見ている時、振り返るともうこんなに人が・・・・いっぱいでした≫


≪子供たちの太鼓もすごかった!かっこよかった!4歳から還暦過ぎがメンバーとのこと。スキルだけじゃない、親子のつながりを感じます♪≫


≪18時半くらいにキャンドルが灯りだしました。この時間くらいから境内の雰囲気がガラッと変わってきましたよ≫


≪階段のキャンドルも灯りました。とてもキレイ、なんだか心の紐をほどかれた気持ちになれます(^^ゞ≫

よくこんなイベントを仕掛けたな、とてもできない。という思いと、参加して楽しいと本気で思えたことと関係者もとても楽しそうにしている姿がこういうイベントを盛り上げれることなんだな、と強く思いました。

寺でのイベント。
まだまだ賛否両論あるかもしれませんが、寺本来の地域が活性化する機能を最大限に引き出している在り方を目の当たりにしました。この真似はとてもできない、、、、けれども、久遠寺には久遠寺の在り方が最大限ひきだせるような関わりや活動を日々模索していかなきゃと心新たに、パワーをもらったイベントでした(笑)

この日、同じ高田派で大先輩にもお会いしました。こちらのブログはいつも僕も読ませてもらい、文章や表現をいつも学ばせてもらっています!格の違いが明らかになってしまいますが、こちらでもキャンドルナイトの記事が書かれています↓
http://shotaiji.blog.so-net.ne.jp/2014-08-25



そして、後数日で久遠寺でも「街のお寺の音楽会『安穏』vol.2』が開催されます。
http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/blog-entry-1177.html

キャンドルナイトとは趣向は全く違いますが、街ならではの楽しみができ、気付きが生まれればと思っております。


さぁ、また頑張ろうっと(^_^)/



南無阿弥陀仏

スポンサーサイト



Category: 雑記帳

tb 0 : cm 0