07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

今週の掲示板 8/25掲載 



今週はこのお言葉。

「自分を狂わせ、迷わせる敵は、内にある」
昔掲示したものを引っ張り出してきたのですが、

よくよく調べてみると、どこで拾ったのか覚えがないのですが、安田理深師の
「自己を狂わせ、迷わせる敵は、内にある」
であると思うのです。

僕自身の書き間違えなのか、どこかの書籍にあったのか・・・・それとも、「自分」と「自己」との違い、に問題があるのか・・・・(-_-;)

何だかとても難しそうになりそうなので、とりあえず「自分」ということでご勘弁いただきたいです(-_-;)



このお言葉からご理解いただけるように

自分は、他人のせいで、他人の言葉のせいで、他人の態度のせいで、迷い苦しんでいるつもり。
まさしく他人こそ自分を苦しめる原因である、と思いたいのだけれども、実は「苦しめている」と判断する自分にこそ
「苦しめる」原因がある、それこそ「敵」という表現で表してあります。

日常生活において、「アイツのせいだ!」て思う事多々ありますよね?
僕なんかは毎日の車の運転で信号を渡り損ねた時なんかは、よく「前の車がもっと早く行ってくれればいいのに!」とイライラしたりすることもしばしば。

確かに前の車が早く行ってくれれば問題はなかった。
けれども前の車に苛立ちの矛先を向けたところで何も生まれてはきません。ただイラつくばかり、相手を探しているだけなんですね。

そんなことを考える私の心こそ最大の敵。
このようなことに気付かせてもらえる大切なお言葉。以前掲示板に掲載した「人間誰しも裁判官。他人は有罪、自分は無罪」となんら変わりありません。

人に厳しく、自分に甘く。その心こそ一番の問題なんだ、ということ。

これから迫りくる未来に立ち、いろいろな考えがでてくる瞬間、このお言葉を思い出してみてくださいね(^_^)/



さて、「自己」になると・・・・・どうなるのでしょうか?
それは、「自己」と「自我」が明瞭になったらまた追記しますね・・・・(-_-;)



南無阿弥陀仏

Category: 寺の掲示板

tb 0 : cm 0