04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

青年の集い@三重 

一年に一度ある青年の集いに参加してきました。
今回は宿泊することなく、日帰り研修。なんとか調整できたら良かったのですが、、、、宿泊断念。残念です。

一年に一度しか会わない遠方の仲間と話をしながら、まったく面識のない方まで一同に高田本山に集結しました。
そして今回のテーマは、「原点からの光」

17年に1度の一光三尊仏御開扉を縁として、教えの原点を見つめ直し、改めてそのお蔭を頂戴することで私自身も光の一筋となれるように研鑽しよう、とのことです。

そして、今回記念講演をしてくださった鑑学・栗原廣海先生。



一光三尊仏さまのお話から、そのはたらきによって照耀されて明らかになる世界とは?と位置付けたお話がとても楽しく聞くことが出来ました。
この記念講演を聴講した際に挙げられた議題をもとに、参加者6名程度のグループセッション。
思い思いに感じたことを話し、聞き、頷き、反論し、普段あまりすることができない討論をすることができました。
時間は短いながらも、制限された中で一つの答えを導く、というゴールに向かってそれぞれが意見をだせたことが今までにはなかった新鮮さを感じ、今後もそういった場ができれば、と思う時間を過ごさせてもらいました。



最後には、すべてのグループ発表ではなかったですが、皆の前で発表をし、まとめた結果を報告しました。

皆、それぞれに意見があり、思いがある。
こんな素敵な門派だったのだ、と改めて気付かされました。

けれども初めてこういう場にしたからこそ、芽吹いたこともあります。
今後は、この芽吹いたからこそ成長する教学方針に導いて頂きたいですね。これっきりではもったいない方々ばかり。
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
実行委員の方々のご尽力に頭が下がります。私ももっと強力しなきゃ(-_-;)

来年は、北海道らしいです。
いけるかな?いけないかな?行きたいですね。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 研修

tb 0 : cm 0   

平成27年5月の法語 

写真 2014-12-27 22 51 23

≪寺報48号からのおあいじわいから≫

「あれがほしい」「これがほしい」と、一つ手に入れれば、また次のモノがほしいと、人間の欲はキリがありません。いつまでた経っても満足が無いのが、私であります。
 
 仏法は「足るを知れ、汝自ら当に知るべし」と教えます。自分の与えられたいのちの不思議さ、能力の限界、またいのちの限りある事を知らねばならないです。
 誰にも変わってもらえない自分。病気で同情はされても慰めにはなりません。あらゆるご縁によって生き、病気もし、老いもくる。 
 
 その事実を受け入れることが出来るかどうか「唯我独尊」と教えられるように、私一人尊いいのちを与えられ、願われていることに目覚めたいものです。またあなた一人の為に教えがあると気付きたいものであります。

合掌
当寺住職 髙山元智

Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0