04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

多治見のご縁 

今日は、大高方面でお月参り。

その後は多治見まで打合せにいってきました。といってもお話を伺ってきただけなんですけど。

「ちゃどかん」
http://chadokan.wix.com/dokan
という子供の居場所作り、大人のたまり場作りをしていて、どのような経緯で今にいたったか、そして今現在どういう方が利用しているかなどを楽しく聞かせていただきました。お話途中にも子供さんたちが出入りしてワイワイガヤガヤと楽しい空間でした。

お寺ってもともとこうなるべき、こうなんだろうな、と心の中で強く思いました。
駄菓子はなくても、何するでもなくふらっとよることができる場所。

そんな場になれたら、と。
それにしてもいろいろなことを始めるのに、まずはリサーチです。
今日もその一つ。約二時間程お話をして、少しだけ時間があったので、近所のオリベストリートへ(笑)

ここで衝撃の出会いがっ!!
046_convert_20141202162316.jpg

私としては、志野焼ってあまり好みではないのですが、何が嫌なのかってサイズだったりもしたりで、寺にある志野焼はランキングが低かったんです、自分の中での・・・・

けれども今日拝見した「林正太郎」という作家さんの作品は衝撃でした…(T_T)

志野は志野でも美しいどころか無骨さを感じながらも力強くメッセージを投げかけてる、ずっと見ていたい、飽きない作品ばかりでした。
写真の花瓶もさることながら、写真はネットからお借りしてきたものですが、「湯呑」がとても気に入ったんです!

jagadama777-img600x360-1430806137qne4zt5955.jpg

かっこよすぎる・・・・・

スタッフの方とお話していると、何でも岐阜県の無形文化財保持者らしく、値段も格段に違いました(笑)
とても購入することもできず、スタッフの方との楽しい会話を振り切って帰路に、、、、けれども頭の中は湯呑でいっぱいです(笑)

そんなにお茶飲むんかいっ!!!
て言われたら、そうでもないんですけど(-_-;)

でもいろいろな作品を見ることは楽しく、大切だなと思いました。
多治見は一年に何度か伺うので、また寄ってみたいと思います。

もちろん、「ちゃどかん」も。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0