07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

祥月命日 

先代の祥月命日。

ご法事は7月に勤めていますが、今日が13回忌当日。
豊田での葬儀、またお参りを終えて帰寺してから、境内掃除へ。

先代はよく境内にいる人でした。
常々草取りをしていたか、本を読んでいたか、そんな人でした。



だから、祥月命日を迎える時は、いつも可能な限り寺が一番綺麗な状態で迎えています。
怒られそうですし(笑)

午後5時半からのお勤め。
姉家族が集まり、みんなで正信偈を唱和しました。

住職もよくこんだけ声でるなぁと思うくらい、またみんなも大きな声で唱和できました。

今年は、いろいろと先代を思い返す場面が多いです(笑)
今私たちの姿を見てなんて言うかな?

「おまえたちにとっての幸せはなんだ!!!」
「おまえが思っとる幸せは本当のもんか!!!」
「これだけはいいたい、そういうもんがあるか!!」
「お経さん、間違えたらどうなる!!救われるか、それで!!救われなんだらどうする!!」
すべて怒られそうなフレーズしか出てきません・・・・

私に対してどんな言葉を投げかけてくれるだろうか。

「よくやっとるな」・・・・そんな優しい言葉はない気がします(笑)
「まっと勉強せい」・・・絶対言われます(^◇^;)
「もっと何が大事がよう考えろ」・・・核心すぎて逃げたくなります・・・

くどいようですが、いつも最近先代が近くにいるんですね。
監視・・・・(笑)
いや、見守ってくれている気がしてます。教えてくれている気がします。

こういう感覚がでるのも、一緒に住んでこそ。

葬儀の控え室で住職がポロリ。
「わしも孫たちにそう言ってもらえるかなぁ」

親といえども、一人の人間。親でありながら、足らないその姿をありのまま魅せれる人間もすごい。
素直に生きる、憧れますね☆

坊さんとしての先代の姿を模範にしていく覚悟ができたここ最近。
でも住職といういろいろと聞ける場もまだ私にはあります。
これからですね、頑張ります。
お支えくださいね、これからもどうぞ宜しくお願いします。

南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0