12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

今年初寺ヨガ 



今年初寺ヨガ。
正月にたまったものをデトックスしてもらいました(笑)

お話はおみくじや六曜について。
日本人でいる以上きってもきれない生活に染み込んでいるこれらのこと。

でも親鸞聖人は
「かなしきかなや道俗の
 良時吉日えらばしめ
 天神地祇をあがめつつ
 卜占祭祀をつとめとす」

多くの人々が日のよしあしにこだわって生きている、と親鸞聖人の歎きが
和讃となっております。
本当に大切なものは何であるか、自分に頼るものがないから頼るものを
探してしまう。
これこそ「迷信」である、自分が自分の迷っているんです。

そんな私を見守り、救う手立てをご用意してくださっているのが
仏様の教え。
新年新たに、本当に大切なことを見つめていきませんか?

とお話させていただきました。

が、うまく伝わらなかったなぁと反省中´д` ;


でも楽しい時間であることは変わりません。



善哉→よきかな、と一年の始まりを喜ぶ、今を楽しんでいきましょう、ということで「善哉」をご用意しました。



久遠寺では昔からお正月の行事の際には善哉をお出しさせていただいておりました。
お墓参りを一台のバスで行っていた頃、寺の戻ってからお出ししたり、
定例法話会の休憩にお出ししたり、
そんな習慣を守りながら今回寺ヨガでのご用意。

一つ違う点といえば、坊守(母)手製ではなく若坊守(妻)手製になったこと。

伝統、とまでは言えなくても、こうした習慣が繋がっていくことも喜びですね。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺イベント

tb 0 : cm 0