01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

雨降って地固まる 



2月2日のおてらおやつクラブ集荷配送日に中日新聞の記者さんが取材に来てくださいました。

そして今日2月4日中日新聞朝刊に掲載されました。清原の記事の隣です(-。-;
広範囲での記事らしく、愛知・岐阜・三重・滋賀・福井・長野と掲載されるそうです。
この記事が多くの方の目に止まり、「こどもたちの笑顔」のために関心を寄せてくだされば幸いです。

ここからは私見です。
今回、本当に真意を伝えることの難しさを感じました。
住職の先日の法語の解説にあった
書を以て声を伝え
声を以て意を伝う
聖徳太子だからできたことか、とうなだれてしまいました。
私は話しても意を伝えることはできませんでした。

皆様、本文を読まれてどう感じられたか、は私にはわかりませんが、私のみみに入る情報としてはとても活動に関心を寄せてくださり、励ましなどいいものでありました。
が私としては幾つかこの表現はやめて欲しかった、ということを強く感じました。けれども全てが悪いわけではなく、このようなメディアにでる際のメリットとデメリットを行き来しているような感覚を味わいました。

どこが悪いの?というご質問にはお答え致しません。

私の話し様も悪かったことも原因ですしね。
けれども仲間とともにこの記事を読んで、一体私たちは何がしたいのか、と問い直した時、
こどもたちが「助けて」と素直に言える社会、そして「笑顔」が満ち溢れる社会を創造したい、と再確認できました。

これが根幹です。

いろいろ考えが錯綜する日でした。
猛省しました。
でも、雨降って地固まる、気持ち改めて歩みたいと思います。

お支えくださいね。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0