02 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 04

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

涙の責任 

今日は、季節に一回くらいで伺うお檀家さまのところへ。

正信偈のことが詳しく知りたい、と昨年末に申されていたので
小冊子をプレゼント。

そして、日々の悩みや行動を一辺倒に聞かせてもらい
お勤め。

「短くていいよ!!足が痛いから!!」

と言われ、正信偈をゆっくり拝読し、振り返ってからのお話。


体が言うこときかない辛さ

本を読んで感動する。けれども次の日に何を感動したかがわからない、なぜ私は忘れてしまうんだという自己嫌悪に近い感情。

そしてこんな辛い状況からどう打破していいのかわからない、たのむべきはなまんだぶつしかない。
だから正信偈を知りたかった。

と申され、一つずつ時間をかけてお話させてもらいました。

そして話のついで、というか最後に
「そういえば、私副住職になったんですよ!!」
と伝えたところ、一気に顔が緩み、涙を出しながら喜んでくれたのです。

「そんなに喜んでもらえるなんて、私の方が涙がでてきます」

と申したらこう続けてお話くださいました。
「私は本当に嬉しい、菩提寺の信頼できるあんたが、衆徒でなく、副住職になられたこと、本当に嬉しい」

その時の声、顔の表情、もう忘れることはないかもしれません。
ただただこう言ってくれたことに、私も感謝。

名前が変わるということは、責任も変わる。
そして一心にそれを受けることになる。

住職は並々ならぬ覚悟なんだろうな、と感じる一瞬でした。


南無阿弥陀仏
スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0