05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

寺報到着 



お檀家さまの印刷屋さんから届きました!

やっぱり餅は餅屋ですね、出来が全然違います(笑)
紙質良し、写真良し、折り込み良し。

嬉しい限りです☆

住職からリニューアルの話を以前からもらっているのですが、
なかなか手がつけられないのも困ったものです。

いつかは、リニューアル。
もっとお寺のことを知ってもらえるものへ、と考え中です。


南無阿弥陀仏

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

絶賛印刷中 



絶賛印刷中。

やっぱりいろいろ寺が活動しているのを伝えるのは、紙媒体しかない。
改めてそう思い、可能な限り印刷(笑)

もうすぐ手元にお届けします。しばらくお待ちくださいませ(^人^)


南無阿弥陀佛

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 1   

夏が来た合図 




槿(むくげ)が咲くと『夏が来た』と感じます(-人-)

茶花にもなるムクゲ。
この色は、千利休の孫である千宗旦が好んだらしく「宗旦木槿」とも言われているらしいです(^人^)

でもお茶室にお飾りした経験なし・・・

家花でもいいかな、一度やってみよう(笑)



南無阿弥陀佛

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0   

染めもの 



お寺で染めものをやりました。

仕切ってくれるのは、龍谷大学時代の後輩。ラクロスの後輩ではありますが、今は呉服屋さんを継いで若旦那として着物の普及、伝統を守る為尽力しております。

たまたま昨年、お着物が欲しくて彼に相談したところすぐに駆けつけてくれ、手に入れることができました。
その際に「いつもお店でやっている染めものとかやってみない?」
との問い即返事で「やりましょう!!」と言ってくれた若旦那。

それから約半年、ようやく「お寺で染めもの体験教室」を開講することができました。

若旦那からは
そもそものつながりや
紅花染めのこと
着物のこと
喪服のこと

いろいろ今まで日本人が着物を着てきた歴史、関わってきた伝統を掻い摘んで教えてくれました。
おかげで参加者の方は作業も知識も気持ちも大満足でお帰りになられました。

私も染めものが乾いた時点で皆様に本堂へ入っていただき、
「今私は何に染まっているか?」ということから少し挨拶まじりにお話させていただきました。

いや、いい時間でした(笑)
お寺でのご縁つながりを、一層楽しんでいただければ、と願いながら、お檀家さまにもしっかりとお伝えできるように
、ご参加いただけるように準備&企画をしてまいります。

お支えくださいませ。


南無阿弥陀佛

Category: 寺イベント

tb 0 : cm 0   

聞いてはいたが・・・ 




「割れる、割れる」と聞いてはいたのですが、、、、
本当に割れるとは(-。-;

ご法事の際に気づく私も私。いざ「サハリ」を使う場面で叩いてみれば、
「ギャゥィンッ。」

あれ?!おかしいぞ?
何かサハリに接触しているからこんな音なのか?
(周辺やサハリの位置を確認して再度叩くと・・・)

「ギャゥィンッ。」
まったく響かない・・・・マズい。
まずはダイキンでカバーしなくては、とお勤め再開。

ご法事が終わってから部屋に持ち帰り確認してみると
上の写真の有様でした。

きっと子どもたちが遊び半分でバシバシ叩いていたときだろうな、
と思いながらも現行犯ではないのでスルー。

私の管理不行き届きでした。

しばらくサハリのないお勤めとなります。
お許し下さい(-人-)



南無阿弥陀佛

Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0