09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

平成29年度報恩講勤修 

IMG_5426.jpg

平成29年度の報恩講さんをお勤めしました。
毎年のことだけれども、たった一座のことだけれども、全力で準備・お勤めいたしました(^人^)

何より大変だったのは、2歳児が行く手を阻む中、少ない時間で物事を進め決定し実行せねばならなかったこと(笑)

でもそのおかげで長男次男の頼らざるを得ないこともあったことが反対に子どもたちもバッチリ手伝ってくれる報恩講となり、子どもたちも数日前から「報恩講はいつだっけー、楽しみだなぁーいっぱい来てほしいなー、人形劇みたいなー、ほとけさまちゃんとお手伝いするところみててくれるかなー」と報恩講さんの話で持ちきりでした(笑)

私は私の役割、妻は妻の役割、住職夫婦は住職夫婦の役割を、と毎日それぞれがやるべきことをこなしようやく当日を迎え、その上で当日は当日でお檀家様があれやこれやとお手伝いしてくださり、朝から夕方までの長時間に渡りましたが本当に助けていただくことで勤め上げることができました。
寺に関わる皆様が皆様のありようでできる範囲で関わってくださる、こうして年に一度でも寺でお念仏の教えに感謝する機会があることで、あらためて振り返ることができるのをただただ嬉しく思い、そんなご縁あるお檀家の皆様、参拝の皆様と手を合わせることができました。

またお体の具合やお日にちの都合でどうしてもご来寺できないお檀家様も多数。
けれどもいつも寺を気にかけてくださり様子を聞いてくださいます。これから御礼参りの際にお伝えできることもまた楽しみの一つなのです。

IMG_5404.jpg


法話の間、ちょっとしたトラブルがありご聴聞することができなかったのが残念。
肝を逃した感じですが、今回は人形劇もお願いしていましたので、15時からお見えになる一般参加者が多くのお子さまを引き連れ、再度堂内は満堂に(-人-)

DSC_0036.jpg

実際どの程度の人数が御来寺くださるかまったくの未知数でしたので予想外?もあり嬉しい反響。
小さな本堂ですがギュウギュウに入ってもらい、子どもたち30人ほど、大人のみなさま40名と少し。

笑顔になれる寺、を人形劇をもって実践していただき御来寺いただいた皆様はおかえりの際にはやっぱり笑顔で帰路に。
念仏して聴聞して笑顔になって、、、、と、寺としてこれほど嬉しいことはありません。

お念仏をお称えしながら、見守られている安心を感じ笑顔で人生を歩める。
そんなみ教えをもっと広げていきたい、そう心に誓いながら年に一度の報恩講は幕を閉じました。

しばらく疲れが残りそうですがそうも言ってられないので切り替えて参りたいと思います。
引き続きお支えくださいませ(-人-)


南無阿弥陀佛



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0