10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

フリースタイルな僧侶たち 



待望の「フリースタイルな僧侶たち」が手元に届きました。
今回の特集は「おてらおやつクラブ」。

同じ東海地区で活動している仲間にスポットが当たっています。
仲間の彼は、奈良で事務局会議があれば共に運転しあい、先日の伊豆もずっと隣にいて話を聞いてくれる存在。
年齢が若いにもかかわらず、いたるところに配慮が行き届き、何より心が温かい人。

平成生まれの昭和顔、信じるところは紀元前。南無そうなやつはだいたい友達。
とラップ調に表現しても嫌な顔一つせず、面白おかしく自分のものとしてしまう強き心。

けれどもこの冊子にあるお顔はとんでもなく男前でした。

読み進めていけば、活動に真摯に向き合い携わって紡いでくれた言葉は何よりほっとするし、身を委ねたくなる強さも感じます。本人の素晴らしさと活動の大切さがとてもわかりやすく伝えてくれている内容ですね。

お寺にももちろんありますが、今の時代はやっぱりいちはやくネット上でも閲覧できます。

http://www.freemonk.net/
↑ちなみに現時点ではまだ更新されていません、いずれ最新号に更新されると思います(笑)

中身もすばらしいけれども、、、、、何度見てもいいなぁと。
この表紙が秀逸。

お米にマーブルチョコでほとけさまを描いたのだそう。
特集がおてらおやつクラブだけにこういう魅せ方もあるのだな、と驚いてしまいました。
ちゃんと召し上がったそうですよ、撮影後に。そこらへんをちゃんと伝えてくれるのもなんだか親近感がわきます。

内容については皆様おひとりおひとりが手にとって読んでいただきたい。
もしくはホームページで検索しながらも読んでもらいたい。

そう思う一冊です。ぜひ手にとってみてください。

お寺ではすでにお飾り状態(笑)

IMG_5834_2017112121400302d.jpg

本堂の左余間にいつでもお持ちいだけるように(-人-)


この「フリースタイルな僧侶たち」を手にとってもらうことでおとなたちに「知る」ことがひろがり、子どもたちにもやさしい社会となるように(-人-)



南無阿弥陀佛
スポンサーサイト



Category: 未分類

tb 0 : cm 0