10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

水木しげるさん 

子どもを寝かしつけると妻となんでもないことを話す機会が度々あります。
今後の予定だったり、現状共有であったり・・・

今日はなぜか、「死ぬまでにしたい10のこと」ってある?との問いから。
今もし、いのちがついえる時、後悔せずとも「あーよかった、俺の人生」と満足して往ける?
そんな時に後悔しそうなことある?
とのこと(汗)
いつかは終えるいのちであるわかっていても、やっぱり唐突に言われるとそんなに出てくることではないですね(笑)

ここであれやこれや言うのも恥ずかしいのですが、わたしの答えの大方の軸は「ととのえて往きたい」でした(笑)
いろんなことです。今安心、のちも安心。そんなことを頭の中では考えているみたいです。

皆様も各々考えてみてくれたら面白いかもしれません。

で話のついでにでてきたのが水木しげるさんのことば。
ひとそれぞれに幸せの定義みたいなものはあるにしろ、やっぱり言葉にするのが難しい。明確に表せない。
そんな気がします。けれども「あーなるほど、自分はこう考えていた!!」と納得する言葉を選択してくれた、と思えたこのお言葉。人それぞれですが、また宗教観でみるとまた違った言葉になるとも思いますが、身近な言葉で綴ってくれていますので一読してくれたら嬉しいです。

自分なりの感想を一言述べるのであれば、「やりたくないことは無理にやることはない。自分にできないことは他人に任せておけばいい」という部分が結構自分も共感するところがあって私はなんにもできない人間と自覚しています、でもお人のお力をお借りしてこそ出来上がるものがあると頭で思っています。楽をしたいから、ではなく、得意なことは得意な人が。そんな思いがどこかにある気がします。

でもここで出てくるのはやっぱり楽をしているように見えてしまうのではないか、との気持ちや、なんとなく世の中は我慢しながら無理しながらことを進めている方が多くおられ、こんなあまーいことではいかんのだろうな、と考えさせられてしまうこともあるのが辛いところです。

自分がやるべきことをやる、やりたいことをやる。
できることをできるひとができるだけやる。

これくらいでいいのかなーてぼんやり思っています。
それだけでは進めない世の中があるのはわかっているつもりですが・・・・
私自身として決して「楽=苦労なし」は狙っていませんが、やっぱりどこかで「楽=安心」はしたいかな(笑)
とりあえずそんなところで・・・・


南無阿弥陀佛

以下、引用。



入隊して問もなく、私は南方の島、ニューブリテン島のラバウルヘと送られることになりました。
腕を失って前線から後退した私は、島で暮らす人たちと仲良くなった。
彼らは朝起きると、主食であるバナナを採りにいく。そして昼問は涼しい家のなかでのんびりしている。客人が来れば心からもてなす。祭りの日にはみんなで歌い踊る。

ただそれだけの生活です。

彼らには義務のような仕事などありません。もしかしたら人生の目標なんていうものもないのかもしれない。それでも彼らは、とても満ち足りた表情をしていました。

彼らのなかには「幸せ」という言葉はありません。それでも彼らの村には「幸せ」の空気が充満しています。それは彼らの日常生活の中に、幸せが自然に組み込まれているからです。あえてこれが幸せですと取り出して確かめなくても、ほのぼのとした幸福感に包まれているんです。

「幸せ」なんていう言葉がないほうがいいと私は思います。そんな言葉があるから、人は「幸せ」を叫ぶのです。もっと幸せになりたいと叫ぶのです。

本当の幸せとは、叫んだからといって手に入るものでもない。

私は彼らの村に流れる幸せの空気を、日本に帰国してからも思い出しながら、暮らしてきました。
やりたくないことは無理にやることはない。自分にできないことは他人に任せておけばいい。
小さい頃から私はそう考えていました。

自分の好きなことをやる。
そのために人は生まれてきたのだと私は思っています。

やりがいだとか、充実感といった言葉をよく耳にしますが、結局は自分が好きなことにしか、そういうものは見つからないような気がします。やりたいことが見つからないと言う人がいますが、まずは自分が好きなことは何かを考えること。小さい頃に熱中したものを思い出すんです。ただし、好きだからといって成功するわけじゃない。いくら情熱を傾けて努力をしても報われない人はたくさんいます。努力は人を裏切るということも知っておくことです。それでも、好きなことに情熱を傾けている問は、きっと幸せの空気が漂っているものです。

私は自分が幸福だと思っています。
好きなことに情熱を注いで、人生を生き切ること。うまくいく時もあれば、うまくいかない時もある。そんな時に、あたふたと騒がないほうがいい。幸福だの不幸だのといちいち口に出さないほうがいい。人生にはいろんなことが起こって当たり前。それらに一喜一憂するのではなく、放っておくことです。人生をへたにいじくりまわしたところで、何の解決にもなりません。起きてしまった不幸はもうどうしようなもない。ならば自然の流れに身を委ねてしまったほうがいい。しょせん人問の力ではどうしようもないこともあるものです。

ラバウルの人たちは実にわかりやすい人生を送っています。神様から与えられた人生を決していじくり回したりしません。だから、幸せの空気に包まれているのでしょう。」

(水木しげる「人生を、いじくり回してはいけない」2005年)
スポンサーサイト



Category: 法語と名言

tb 0 : cm 0