12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

「全仏」から 

住職から
「おてらおやつクラブの代表が掲載されているから見ておけよ」
と言われ(笑)、手にとってみました。

IMG_6848_20180105153438839.jpg

だいたい手にとっている気がしますが今回の特集は「宗教と社会貢献」。
人それぞれの宗教の社会貢献・僧侶の社会貢献への見解をお教えいただきながら、なるほどなるほど、と自分自身を省みながら拝見いたしました。

まだPDFはでていませんがそのうち出てくると思います。一応ページを貼っておきます。
http://www.jbf.ne.jp/activity/2510/mag/

また「仏教に関する実態把握調査からみえてくるイメージと期待」ということで統計が出されていました。

仏教と僧侶のイメージはおおよそ
「通夜、葬儀、法務等の執行と仏教を伝えている」が大部分ですが、
「社会貢献やボランティア」のイメージはほんの一握りであると結果がでています。

またお檀家の寺院・僧侶のイメージといえば
「境内敷地がきれいに掃除がされている」
「いつも門が解放されている」
というものが大部分であり、反対に
「社会貢献やボランティアに積極的である」という問いについては
あまり積極的ではないと数字が伝えてくれていました。

何をもって社会貢献か、ということも人それぞれのものさしが違いますのでなんとも言いがたいところでありますが、やはり同じ社会で生きている以上社会と関わりがあることを周知しながらどう仏教を伝えているか(形はそれぞれとして)が大切なのかな、と読みながら思ったわけです。

具体的に述べられていることを列挙すれば
日常的な苦に関わる
他者のことを考えられるように変わっていくよう導く
精神的な支えとなる実践

僧侶として、寺院として、お檀家はもちろんのこと社会にどう関わるかを
一年の初めに考えさせていただきました。

気になる方は、PDFを(笑)


南無阿弥陀佛


スポンサーサイト



Category: 寺仕事

tb 0 : cm 0