08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

真宗高田派久遠寺ブログ  『シュリハンダカ』

愛知県名古屋市中区にある真宗高田派久遠寺の日常をお伝えします!

 

これって仏教語?⑪ 

久々に「これって仏教語?」、やっちゃいたいと思います。
11回目の今回は、いつも蓮をみて思うこの言葉。

「過去、現在、未来」。

なぜ蓮から想定できるのか。下の写真をご覧ください↓



ハチス→過去
蓮の華→現在
蓮のつぼみ→未来

蓮は、過去・現在・未来の「三世」をあらわす華でもあるんですね。
蓮の華は、咲いても3~4日。

儚いものです。

それに比べ、ハチスとなれば水分が抜け何年でも飾ることができます。
つぼみの時間は、開花時間に比べると長くじっくりしっかり開花の時期を待つようにも見えます。

これ、人間の世界にも当てはまらないですか?

幼少期は、じっくり丁寧に大人になるべく栄養をとりながら成長して行く。
反対に過去となったら、永遠に忘れられない限り語り継がれます。
そして、今。この時間はとても儚い、けれどもとてもかけがえのない瞬間なのです。

悪く人間の行いを見るならば、未来に投資することにエネルギーを傾け、先の予定に追われる。過去は過去で過ぎ去ったことを忘れればいいのに忘れれずにずっと足をひっぱり今の動きに影響を及ぼす。
そんな時の今、は過去と未来に振り回されている現在でしかありません。

この現在、今、を見た時、今この瞬間を大切にしているか、蓮を通して感じさせて頂く。
そのことを我が身に問いかけてみたいものですね(^^ゞ



南无阿弥陀仏

Category: これって仏教語?

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kenryuzankuonji.blog47.fc2.com/tb.php/1154-de564a77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)